弾道調整ドライバー登場!

4月発売予定のナイキ新ドライバー、「SQ DYMO STR8-FIT(ストレートフィット) ドライバー」。シャフト先端のポジションを変えることで、8通りの弾道調整が可能に
昨年2008年11月の終わりにナイキゴルフの新製品発表会がありました。そこで発表されたのが、「SQ DYMO STR8-FIT(ストレートフィット) ドライバー」と「SQ DYMO スクエアSTR8-FIT ドライバー」。そして「ジャパンゴルフフェア2009」詳細レポ1「ジャパンゴルフフェア2009」詳細レポ2で紹介しひときわ注目されていたのが、テーラーメイドの新ブランド「R9」。

これら二つのモデルに共通点。それはシャフトを抜いてから行う弾道調整機能。両モデルともシャフト先端の専用アダプター(※ナイキは「STR8-FIT ストレートフィットシャフトアダプター」、テーラーメイドは「FCTスリーブ」と呼ばれる)のポジションを替えることで、ロフト角、フェース角、ライ角などを可変させることが出来、自分にあった弾道になるよう調整することが出来ます。両メーカーともこの4月に発売する予定。

弾道調整といえば、2004年にテーラーメイド「r7 quad」に搭載されたヘッドに装着したウエイトを変更することで、重心を可変させて弾道調整を行う「MWT」などが、よく知られています。

2008年は大幅なゴルフルールの改正があり、SLEルールをはじめ様々なゴルフクラブの規制がありましたが、一方でこうしたウエイト調整以外の弾道調整機能をクラブに採用することが認められるようになりました。今回のナイキ、テーラーメイドの新モデルは、こうしたルールの改正に影響されて生まれたといってよいでしょう。

2回にわたりこの2つのNEWモデルを紹介し、これからも登場するであろう弾道調整機能について考えてみたいと思います。

>>次は、ナイキ SQ DYMO STR8-FIT ドライバー>>