いよいよSLEルールが施行

2001年に発売。高反発で人気となったヨネックス「サイバースター3000」
これまで何度も取り上げてきた高反発ドライバーの規制、いわゆるSLEルールが、いよいよ2008年1月から施行されます。SLEルールとは、「スプリング効果(Spring-Like Effect)」を持ってはならないというゴルフ規則の条項に数値的な基準を設けたもので、クラブフェースの反発係数(COR)が、0.830以内でなくてはならないというルールです。詳しくは、「施行間近!SLEルールを知ってますか?」をご覧ください。

2008年からというタイミングは、実は2002年に決まっていたことなのですが、最近になってようやく知ったゴルファーも多いのではないでしょうか? ガイドも仕事柄、ルールについての質問や現在使っているクラブがルールに適合しているかという問い合わせが多く寄せられています。

すでに対策が万全のゴルファーも多いかと思いますが、今回は、施行直前のSLEルールを乗り切るため、ルールのおさらいとルール関連の最新情報を紹介します。

SLEルール施行の経緯

そもそもSLEルールが誕生したのは、1998年にさかのぼります。当時は、アメリカなどのルールをつかさどるUSGAのみでのルールでした。

日本やヨーロッパなど世界のゴルフルールを定めるR&Aで採用されることに決定したのが2002年で、「R&AとUSGA、ゴルフ用具規則基本方針およびスプリング効果規則に関して合意」によって、2008年1月から反発係数が基準値(0.830)を超えるドライバーはゴルフ規則で不適合となることが決定しました。

しかし、日本ではそのルール決定がかえって高反発ドライバーへの興味をそそる形となりました。ルール違反になるほど飛ぶドライバーということで、高反発のモデルは大変人気となり、各メーカーはこぞって反発係数の基準値0.830をどれだけ超えるかを競いました。結局、2006年あたりまで多くのメーカーが高反発ドライバーをラインナップ。2008年の施行までは、積極的に高反発ドライバーの飛距離を楽しもうというわけです。飛距離にこだわる日本人ゴルファーならではの現象といえるでしょう。

>>次は、プライベートゴルフについて>>