ルールはどこまで適用?

既に、日本オープンなどの公式競技などでは、先んじて高反発クラブへの規制が実施されています。SLEルールの基準を超える高反発ドライバーを使用すると、重大なルール違反とみなされ競技失格となります。これは2008年以降全ての競技で適用されます。

また、高反発クラブを使用した場合はスコアも正式なものとして認められず、ハンディキャップ取得が出来ないなどの処置を受けます。

現在、高反発ドライバーを使用し調子の良いゴルファーは出来ればクラブを替えたくはないでしょう。わざわざ高額なクラブを購入して、飛距離が落ちては納得できかねると思います。

そんなゴルファーからは、「競技に出なければ使ってもいいのでは?」という声も多く聞かれます。ゴルフショップやゴルフ場でもプライベートのゴルフであれば問題ないというニュアンスで、説明しているところもあるようです。これに関しては、日本ゴルフ協会から見解が出ているので引用してみましょう。

ゴルフ規則は世界共通の規則であり、ゴルフをプレーするための規則です。競技であるかプライベートであるかは関係ありません。スプリング効果の基準値を超える高反発クラブは2008年1月1日以降ゴルフ規則に不適合となるのでゴルフゲームをするのであれば使用することはできません。また、高反発クラブの使用を認める競技の条件やローカルルールの制定も認められません。(JGA 日本ゴルフ協会ホームページhttp://www.jga.or.jp/より)

これによれば、例外を認めず全ゴルファーが、ルール適合クラブを使用することを義務付けられているといえそうです。

>>次は、ルール施行の現実は?>>