ヘアーズイヤーニンフを巻く

ヘアーズイヤーニンフはオーソドックスなニンフとして世界中で愛されているパターンだ。実際の水生昆虫とフォルムも似ているので、トラウトにとっては本物のイミテーションに近い存在といえる。マテリアルを少し変えてやるだけで、ニンフフィッシングのほとんどをカバーできるので、ここで紹介するパターンを覚えたらいろいろと試してみるとよいだろう。

今回はテールとウイングケース(羽化前の水生昆虫の羽が収まっている部分)にフェザントテールを使用したパターンを巻いてみよう。フェザントテールも様々なカラーがあるので何色か用意しておこう。その他のマテリアルはボディー材にラビットファー、リブ用のワイヤー、それとリードワイヤーというのはMSCスペシャルと同じだ。
フェザントテールのファイバーを3、4本切り出し、画像のようにフライのテール位置にとりつける。リードワイヤーを固定し、カッパーワイヤーを巻きとめておこう。
ラビットファーをスレッドによりつけ、シャンクの1/2程度まで巻き進める。なるべく細身にするには、少量できつくマテリアルをスレッドによりつけ、密に巻くようにすると上手くいく。カッパーワイヤーを一定間隔で巻き、リブを作ったらスレッドで巻きとめて余分をカットする。
ウイングケースになるフェザントテールを切り出す。画像のようにファイバーと芯を直角にしてからカットしよう。フックサイズにもよるが、今回のフライ(12番)なら5~6本程度あればオーケーだ。
切り出したフェザントテールの束の裏(光沢の無いほう)を上にしてボディーを作った端にスレッドで巻きとめる。先端がシャンクの後方に向かうようにし、隙間ができないように注意しよう。
ソラックスを作る。MSCスペシャルの要領で作ると失敗がない。ボディーが細身なのに対し、ソラックスはある程度のボリューム感を持たせるようにすることがコツだ。
先ほど取り付けたウイングケースでソラックスの上部を覆うようにカバーする。アイの後できつく巻きとめればよい。余りはキレイにカットしておこう。作業が済んだらフィニッシュしておく。
ウイングケースが被っていないソラックスからラビットファーを掻き出してやる。これで虫っぽさを演出できるのだ。カラーやフックサイズ、ウエイト量が違ういくつかのパターンを巻いておけば万能のニンフフライになるはずだ。


次回はウェットフライの世界を覗いてみましょう。お楽しみに!


<関連記事>
フライフィッシングとは、どんな釣り?
フライフィッシング専門用語徹底解説!
釣りに必要な「結び」のテクニック
ショップへ行って、買い物をしよう!
フライキャスティングを覚えよう!
釣りに行くための事前情報を入手する
知ってて当然!釣りのルールとマナー
釣果確実!管理釣り場で気軽に遊ぼう!
山で楽しむ!渓流のフライフィッシング!
気分はハンター!湖で大物にチャレンジ!
フライを自作!タイイングを始めよう!
楽しさ倍増!フライを巻いてみよう! その一
楽しさ倍増!フライを巻いてみよう! その二

<関連リンク>
Flyshop Online
ナチュラム
【楽天市場】スポーツ・アウトドア>フィッシング
Yahoo!ショッピング フィッシング

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。