DTMユーザーには不人気だったWindows Vista

Windows7
10月22日、いよいよWindowsの新バージョン、Windows 7が発売される
2007年1月30日に発売されて2年半が経過したWindows Vista。現在、販売されているPCのほとんどがWindows Vista搭載機であるため、Vistaユーザーの数はかなりになっているとは思いますが、いまだにWindows XPを使っている人も多いでしょう。

とくにDTMユーザーでは、いまでもあえてWindows XPを選択して使っている人が少なくありません。その背景にはやはり当初ドライバがなく、多くのハードウェアが使えなかったことや、Windows Vistaにすることで動作が重くなるということがあるのでしょう。

また、Windows XPでとくに不満がないから、Windows Vistaにする必要を感じないという人は、DTMユーザーに限らず、多くのWindows XPユーザーに共通する思いだったかもしれません。

とはいえ、Windows XPは既に発売を終了しており、入手困難になっています。終了するといわれていたサポート期間が5年延期されたとはいえ、そろそろ次のOSへ乗り換える時期に来ているのは確かのようです。


10月22日に発売が決まったWindowsの新バージョン

Windows7
Windows7の価格も発表され、Ultimateが38,800円、Professionalが37,800、HomePremiumが24,800円となっている
そんな中、Microsoftは10月22日にWindows Vistaの後継となる新バージョン、Windows 7を発売すると発表しました。

このWindows 7はWindows Vistaの高機能性をさらに高める一方で、不人気だった欠点を補い、より高速に動作するということで、徐々に注目を集めてきています。

実際、10日間限定ということで行われたアップグレードキャンペーンでは、Windows 7 Home Premiumのアップグレード版が7,777円で購入できるということもあり、6月26日の受付開始当日に限定数に達して終了してしまうなど、期待は高まっているようです。

また、Windows 7のRC版(製品候補版)のβテストというのが一般ユーザー向けに行われており、これに登録してすでにWindows 7を使ってみたという人も少なくないでしょう。このWindows 7 RC版を元にしたWindows 7の紹介記事も、雑誌やWebなどで広く掲載されています。

そこで、ガイドである私も、Windows 7のRC版をインストールして、DTMで使えるかテストしてみました。