Linuxから移植されたエフェクトも多数使える

LMMS
LADSPAというプラグイン規格のエフェクトが多数収録されている
このようにLMMSではソングエディタとベース+ベースラインエディタでデータ入力をしていくわけですが、曲を作り上げていくためには、やはりエフェクトも利用したいところです。シンセサイザで音を作りこんだとしても、フランジャーやディストーションをかけてみたいという要望も出てくるでしょうし、システムエフェクトとしてリバーブやコーラスをかけたいということもあるでしょう。

そうしたものに対応するため、LMMSにはEQ、コンプレッサなどのダイナミックス系から、ディレイ、リバーブなどの空間系、コーラス、フランジャーなどのモジュレーション系など、一通りのものが何でも揃っています。

そして、これらはプラグインのエフェクトなのですが、VSTやDirectXではないのがLinux生まれのLMMSの特徴ともいえます。そう、これはLADSPA(Linux Audio Developer's Simple Plugin API)というプラグイン規格であり、Linux上で使われているもの。それが、Windowsへもそのまま移植されて、使えるようになっているのです。もっとも、LMMS以外、ほとんどWindows上で使われることはないので、LMMS内蔵の独自エフェクトであると考えてもいいかもしれません。


VSTiも使えるがASIOは非サポート

LMMS
VSTインストゥルメントは利用できるが、ASIOは使えない
このエフェクトはあくまでもLADSPA対応のものだけですが、ソフトシンセは、VSTインストゥルメントも利用できるようになっています。実は、Linux版のLMMSでもWindows用のVSTインストゥルメントが使えるような工夫がされており、それがそのままWindows版でも使えるようになっているのです。

具体的には「VeSTige」というラッパー(アダプタソフト)を通じてVSTインストゥルメントが使えるようになっており、100%何でもOKというわけにはいかないようですが、多くのVSTインストゥルメントが利用できます。

一方、LMMSを使っていてひとつネックになるのがオーディオドライバです。通常のWindows用ソフトはどれもASIOドライバに対応していますが、これに対応していないのです。その代わりにSDL(Simple DirectMedia Layer)というLinuxで広く使われているAPIが採用されています。Windowsの場合、これを通じてDirectSoundにアクセスしているため、DirectSound相当であると考えてよさそうです。

問題はレイテンシー。バッファサイズを小さくすることで、表示上1.5msecにまで小さくすることが、使った感じではやはり50msec以上はありそうで、MIDIからのリアルタイムレコーディングは、やや扱いにくいという感じでした。

とはいえ、まだバージョン0.4.4と発展途上のLMMS。今後のバージョンアップが楽しみです。


【関連サイト】
LMMS - Linux MultiMedia Studio

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。