先日、USBギターなる不思議な製品が登場しました。独BEHRINGERのこの製品、見た目は普通のエレキギターなのにUSB端子を装備し、パソコンをエフェクタとして使えるのです。そのUSBギター、iAXE393を紹介しましょう。

久しぶりにギターでもいかがですか?


iAXE393
一見、普通のエレキギターに見えるUSBギター、iAXE393だが……
読者のみなさんの中で、昔ギターを弾いていたという人はかなり多いのではないでしょうか?でも、壊れた、実家に置いてきた、捨てた……などの理由で今は手にしていない人も多いでしょう。

もちろんギターと一言でいっても、フォークギター、クラシックギター、エレキギターなどいろいろですが、やはり一番人気はエレキギター。ただ、改めて揃えるとしたら、ギター本体は当然として、アンプ、エフェクタ……と結構なコストがかかってしまいます。また、機材の置き場がないという問題も少なくないでしょう。

でも、先日ちょっと不思議なギターが発売されました。そう見た目は白いエレキギターなんですが、なんとここにUSB端子とヘッドフォン端子が搭載されていて、パソコンと接続することで幅広い活用が可能なのです。とくにエフェクタ&アンプシミュレータとしてパソコンを利用できるのが便利なところです。

しかも価格は定価でたったの18,750円。久しぶりにギターを手にしたいという人にぜひ、お勧めしたい製品です。


USB端子はボディーにキレイに埋め込まれている


このUSBギター、iAXE393を発売したのは、ミキサーやPA機器などで有名な独BEHRINGER(ベリンガー)。最近は、パソコンと接続するためのDTM機材などもいろいろと出している同社ですが、BEHRINGERが楽器そのものを発売するのもちょっと珍しい。

iAXE393
ギターのボディーにはパソコンと接続するためのUSB端子とヘッドフォン端子がキレイに埋め込まれている
しかし、なんといってもギターそのものに、USB端子を搭載してしまったこと自体がユニーク。もちろん、これまでもギターをパソコンに接続してレコーディングしたり、エフェクトとして使うという例はいろいろありましたが、USB端子付きのギターというのは、世界初なのではないでしょうか?

もっとも、このUSB端子はギターのボディーにうまく組み込まれているため、ギターとしての違和感はまったくありません。これを見た人も、言われなければUSB端子があるなんてきっと気づかないでしょう。また、パソコンと接続しなくても、普通のエレキギターとしても使える設計になっています。実際触ってみてもまさに普通のギター。価格が安いだけに、それほど高級感があるわけではなく、価格相応の質感といった感じではありますが、まったく問題のないエレキギターです。