目玉は1000以上のプリセットが用意された音源、Proteus X LE VSTi


DAWのほかにも、WaveLab Lite、Amplitube LE、SFX Machine LTなどいろいろなソフトが用意されていますが、やはり目玉はなんといってもE-MUオリジナルの音源、
Proteus X LE VSTi
でしょう。Proteusといえば、プロ用のシンセサイザとして一世を風靡した音源であり、今でも中古市場で高価でやりとりされているもの。それが24bit/192kHzのオーディオインターフェイスを使い、オリジナル品よりもいい音で鳴らすことができるのです。

Proteus X LE VSTi
名機Proteusをソフトで復刻させ、1000以上のプリセットが用意されたProteus X LE VSTi
ここにはProteusの音そのものの音色のライブラリが1000以上も用意されており、自由に選択することができます。ただし、VSTi対応となっているので、これP体で動作させることができず、Cubase LEやSONAR LEなどのDAWのプラグインとして使うことで初めて音が出せるようになっているのです。


ほかにも数多くの選択肢が用意されているCreative Professional製品


以上、低価格なDTMパッケージということでE-MU 0404 Second Editionを紹介しましたが、Creative Professionalブランドでは、ほかにも数多くの製品が販売されており、ユーザーの選択肢は多岐にわたります。

しかし、DTM用途ということで絞ってみると、やはりキーワードは
   Second Editon
のようです。具体的には
   Emulator X Studio Second Edition
   Emulator X Second Edition
   Proteus X Second Edition

という製品があり、いずれもE-MU 0404 Second Editionと同じソフト+α(αの一言で表現すると誤解が出そうですが、より強力なサンプラー機などです)が搭載されています。またE-MU 1616M Emulator X Bundleという製品にも同様のソフトがバンドルされています。製品によってハードウェアが異なるのとともに、価格に差がありますので、どれを選ぶかよく検討してみるといいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。