DAWをガンガンと使いこなそう!


先ほど紹介したとおり、E-MU0404 Second EditionにはCubase LE、SONAR LE、Live Liteの3つのDAWがバンドルされているというのが大きな特徴です。

Cubase LE
Cubaseシリーズのエントリー版ながら高性能なDAWとなっているCubase LE
すべてを同時に使うということはないでしょうが、自分の好みのソフトを使って、本格的な音楽制作を楽しむことができます。ちなみにCubase LEはCubase SX 1.0の機能削減版というべきもので、48トラックに制限されているものの、オーディオとMIDIの両方を使うことができ、日本語版となっています。


SONAR LE
英語版ではあるが、人気のSONARのエントリ版であるSONAR LE
一方のSONAR LEは現在、EDIROLおよびRolandの多くの製品にバンドルされているCakewalkのDAW。SONAR 3ベースのシステムとなっており、EDIROL/Rolandにバンドルされているものは日本語版ですが、E-MU0404にバンドルされているものは英語版となっています。


Live Lite 4.0
単なるループベースのソフトではなく、本格的なDAWとして活用できるLive Lite 4.0
また、LiveはCubase、SONARとはちょっと風合いの異なるDAWですが、今非常に人気のあるソフトです。Live Lite 4.0ということで、Live 4.0ベースのソフトとなっていますが、ループベースの曲作りに留まらず、幅広い手段での音楽制作が可能です。