映画MATRIX RELOADEDやMATRIX REVOLUTIONSなどのサウンドを制作したことでも有名なトランス界の大物、Juno Reactor。そのJuno Reactorが先日来日し、大阪、東京などでのライブを行いました。その最終公演後、Juno Reactorの中心メンバーであるBen Watokinsに会って、その音楽制作手法や現在使っているツールなどについてインタビューすることができました。結構マニアックな内容で盛り上がったインタビューでしたが、そのインタビュー内容をお伝えしましょう。

オモチャと戯れながらの音楽制作


--今回の来日では、3回のステージライブがありましたが、実際終えてみてのライブの感想はいかがですか?
Juno Reactor
2005年2月5~7日、東京と大阪でJuno Reactorのライブ演奏が行われ、大いに盛り上がった
BEN:東京はよかったよ。今回のライブは、はじめてのメンバーだったこともあり、初日の大阪はとにかくどう乗り切るかというので精一杯だったのが実際のところ。でも、2回目、3回目と慣れてきて、お客さんのノリもずっとよくなっていった。そして、最後の東京は最高だったね。今回のメンバーでまたやりたいと思うよ。いま、スパニッシュのギタリストを入れることも計画中だから、そんなメンバーでできたら面白いだろうね。


--こうした、Juno Reactorのサウンドというのはどうやって作っているんですか?もし、音楽制作の流れなどがあれば、教えてください。
Juno Reactor
Juno Reactorの最新アルバム、Labyrinth

BEN:いやぁ、特に決まりというのはないね。ただ、いっぱいのオモチャと戯れるのが好きで、最近はALESISのANDROMEDA A6ってのがお気に入りで、これで遊びながら曲制作をしているよ。買ったのはMATRIXをやってたとき、アメリカに持っていくのに買ったから、2年ほど前かな。今回のアルバム、LABYRINTHの3曲目のGIANTという曲は主に、これだけで音を作っているよ。また、このアルバムで使っているアナログシンセは、ANDROMEDAだけだね。


--かなりいろいろなシンセを使っていると思いますが、今もっていてよく使うシンセというと、どんなものがありますか?
BEN:ギタリストだからギターを使うケースが多いけど、シンセはKORGのものが好きだな。手元にあるシンセとしては、MS2000、TRINTY、MS20、MONOPOLY、WAVESTATION……、ほかにもいろいろあるよ。Legacy Collectionなんかも使ったけど、あれもかなりいいよ。