伝説になった世界遺産……、アマルフィ海岸

ナポリの南、約50kmほどの場所に「世界でいちばん美しい」といわれる海岸がある。その昔、ギリシア神話の英雄ヘラクレスは愛する妖精の死を悲しみ、世界でもっとも美しい場所に亡がらを埋め、永遠にその名を残すために彼女の名をつけたという。

今回はそんな伝説を持つイタリアの世界遺産「アマルフィ海岸」を紹介する。

「世界でいちばん美しい」海岸

アマルフィ海岸、ポジターノからプライアーノにかけての景色。ラッターリ山脈の山々がティレニア海に一気に落ち込んでリアス式の海岸を形成している様子がよくわかる

アマルフィ海岸、ポジターノからプライアーノにかけての景色。ラッターリ山脈の山々がティレニア海に一気に落ち込んでリアス式の海岸を形成している様子がよくわかる

およそ40kmほどもある海岸線は複雑に入り組んで、切り立った断崖は抜けるような青空と透き通る紺碧の海をつないでいる。岬に挟まれた入り江にはパステル・カラーに彩られたかわいらしい家々が並んでいて、空と海の青の間でのんびり輝いている。

レモンから作ったリキュールで、アマルフィの名産リモンチェッロのお店

レモンから作ったリキュールで、アマルフィの名産リモンチェッロのお店

家々を取り囲んでいるのはレモンとオリーブの木。潮の香りを豊かに含んだ柔らかい潮風に、若い実が爽やかに揺られている。

海岸を行くバスは右に左にくねりながら山々を抜け、海に飛び出した断崖の先端であわてて道路に戻る。眼下には丸い地平線と幾重にも重なる美しい岬、岬、岬。岬の下では白い砂浜が数か所、真珠のように輝いている。真珠の周りはエメラルドグリーンで、やがて海は沖の深い青へとグラデートする。

夕方。街々の鐘の音がそれぞれの入り江から響いてくる頃、白壁の家々は赤く染まり、白い輝きはやがて黄色い街の灯に変わり、星空に混ざって消えていく。