コース5 昆明→麗江→石林→広州 5日間コース

雲南省大理

雲南省大理

雲南省は約15の少数民族が住む、チベットと東南アジアの雰囲気が漂う緑が豊かな地です。省都の昆明は穏やかな気候から「春城」と呼ばれ、麗江には、チベット語で「素晴らしいところ」を意味する“シャングリラ”の世界が広がっています。ここでは、中国第3の大都市広州を起点に、独自の文化が息づいている雲南をご紹介します!

1日目

日本より空路にて昆明へ(広州にて乗り継ぎか乗り換え)

2日目

午前、昆明より空路にて麗江へ。着後、観光。

■玉龍雪山
北半球で最南の氷河がある

北半球で最南の氷河のある玉龍雪山 (C)ToshioS

麗江の北に聳える最高峰約5596メートルの名山。

■麗江古城(世界遺産)

玉龍雪山の麓に広がるナシ族(チベット系の少数民族)の街。

■束河村(世界遺産)

高倉健主演の映画「単騎千里を走る」で日本でも知られる、ナシ族の古い伝統的な家屋が残る村。

■白沙壁画(世界遺産)

明代、多民族の平和を願い、仏教、チベット仏教、道教の三つが一緒に描かれた絵で、麗江玉竜麓の白沙村に55枚が保存されています。

3日目

午前、麗江より空路にて昆明へ。着後、観光。

■石林(世界遺産)

鍾乳洞のような岩峰群が林のように立ち並ぶ

鍾乳洞のような岩峰群が林のように立ち並ぶ (C)ToshioS

昆明の南東約80キロのイ族自治県にある、奇妙な石柱群が400平方キロも広がる景勝地。

■西山の龍門

昆明の西15キロの森林公園にある道教石窟。

4日目

午前、昆明より空路にて広州へ。着後、広州市内観光。

■光孝寺
西漢時代に南越王趙佗の玄孫である趙建徳の住居として創建され、“未有羊城、先有光孝”(広州誕生前に、光孝あり)と言われています。

■白雲山
市の北部に位置する名山。主峰の摩星嶺は高さ382メートルで、頂上からは広州市の全貌と珠江の風景が一望できます。

■広州博物館
越秀公園内にあり、「鎮海楼」は明代に広州城の城楼として建てられ、大海原を鎮める願いから命名。

5日目

広州より、空路で帰国。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。