大自然の恵み溢れる常春の地・雲南

シャングリラ独克宗古城

シャングリラの独克宗古城の町並み (C)Kristian Bisbal Huguet

雲南地図

穏やかな気候の雲南。近年、中国の富裕層が別荘地として利用

真っ青な空に、あまい空気……雲南に訪れると、忘れてしまっている大自然の恵みを体全体で感じることができます。雲南は一年を通じ、温暖で食べ物も美味しく、そこに暮らす人々はとても純粋でフレンドリーで、どこか懐かしい気持ちに。そんな魅力に取り付かれ、長期滞在してしまうというトラベラーも少なくありません。このページでは世界中の人々の魅了して止まない雲南を余すことなく紹介していきます。

少数民族文明が集う夢の町

ペー族住宅

ペー族の住居の内部 (C)Kristian Bisbal Huguet

雲南省は多くの少数民族が生活する地域。中国には総人口の90%以上を占める漢族のほか、55の少数民族が存在するのですが、雲南省には半数以上の25の少数民族が暮らしています。各民族には独自の文化があり、民族村ごとに違った風景を築いています。つまり、一度では味わいきれない奥深さがある――これが多くの雲南フリークを生み出すゆえんなのです。

■雲南省の少数民族(太字は雲南省だけで暮らす民族)
イ族(彝族)、ペー族(白族)ハニ族(哈尼族)タイ族(【人偏+泰】族)、チワン族(壮族)、ミャオ族(苗族)、リス族(【人偏+栗】【人偏+粟】族)、ホウェイ族(回族)、ラフ族(拉【示古】族)ワ族(【人偏+瓦】族)ナシ族(納西族)、ヤオ族(瑶族)、チンポー族(景頗族)、チベット族(藏族)、プラン族(布朗族)、ブイ族(布依族)、ブミ族(普米族)アチャン族(阿昌族)ヌー族(怒族)ジーヌオ族(基諾族)トーアン族(徳昂族)、モンゴル族(蒙古族)、スイ族(水族)、満族、トーロン族(独龍族)