まずはシボの「種類」を整理!

様々なシボ・型
靴に限らず、革製品に付いている「シボ」や「型」って、非常に多くの種類があります。ただ、それらの「種類」と「出す・付ける方法」は異なります。両者は結構混用されているので注意!


様々な靴の用途を考える上で大切な要素である、靴に用いる牛革の種類を知るこのシリーズ。前回は光沢が特徴の「ガラス張り革」と「エナメル革」についてお話しました。両者とも表面を別の物質で覆うのが特徴で、前々回採り上げた「銀付き革」に比べ革本来の味わいは薄れるものの、使い方次第で大変役に素材であることは間違いないものです。

今回はそれらとは別の観点で革の表面にアクセントを加える、シボ(子母)や型の出し方について考えてみたいと思います。牛革に限らず、シボとは革を鞣した後、その表面に付く細かい凸凹を有した一種のシワのようなもので、自然に付いてしまう場合もありますが、何らかの形で人為的に形成される場合が大半です。「シボを出す・付ける方法」は幾つかあるのですが、それを解説する前に、「シボそのものの種類」をはじめにお話ししてしまいます。実は両者は相当錯綜して用いられていまして、まず後者を説明してからでないと、前者を話しても訳がサッパリ解らなくなってしまうからです。

ボックスカーフのところでお話ししたことと若干重複しますが、代表的な「シボそのものの種類」には、以下のようなものがあります。いずれも革に風合いを与えるだけでなく、その表面に傷が付き難くし、たとえ傷が付いてしまっても目立たなくさせる効果も期待できます。1.は「水シボ」とも呼ばれ、鞄の世界で言うところの「ボックスカーフ」の極上品を象徴するものです。一番有名なのは4.ですよね!
1.ウィローグレイン(Willow Grain):細かい一文字状のシボを極々軽く出したもの。
2.ボックスグレイン(Box Grain):細かい四角形状のシボを極々軽く出したもの。
3.ぺブルドグレイン(Pebbled Grain):細かい丸小石状のシボを出したもの。
4.スコッチグレイン(Scotch Grain):大麦の実粒状のやや不揃いなシボを出したもの。


次のページでは、一番原始的なシボの出し方について!