過ぎたるのが禁物なのは、食事と同じ!

ミンクオイルなど
オイルドレザーの靴をケアする時の頼みの綱が、写真中央のミンクオイルです。近年では他の原料由来だったり、それらを複合的に掛け合わせたオイルも数多く発売されています。


オイルドレザーの靴のケアに大切なのは、ツヤ出し以上にその撥水性やしっとりした風合いの根源である「油分」を適度に浸透・維持させること、これに尽きます。この目的に見事に合致し、化学組成的にも皮革と相性が良いため今日最も一般的に用いられているのが、「ミンクオイル」と呼ばれているものです。

以前の復習になりますが、スムースレザーの靴のケアに用いられる乳化性クリームの主成分は「水・油・蝋」、油性ワックスのそれは「蝋・油」でした。それに対しミンクオイルの主成分は圧倒的にオイル、つまり高級毛皮の代名詞・ミンクの毛皮が作られる際その皮下脂肪から抽出される「油」です。動物の皮革起原の油ですから、もちろん他の種類の皮革に用いることもありますが、オイルドレザーとの相性が一番良いのは、故に当然なのです。

もっとも今日では、例えば羊毛から採れる「ラノリン」、馬のたてがみの下部から採れる「こうね油(ホースオイル)」、牛のすねを煮沸して採れる「牛脚油(ニーツフットオイル)」ホホバの実から抽出される「ホホバオイル」など、ミンクオイルと似た効能を持つものが沢山出回っています。またこれらをベースに、革のツヤや防水性、それに柔軟性を増す目的で蜜蝋や樹脂、それに柔軟剤などを加えたレザーコンディショナー的なものも豊富です。実はこの辺りは通常の靴クリームとはまた異なる大変奥深い世界なのですが、それについてはいずれ機会があったらお話できればと思っております。

いずれを用いるにせよ、一回のケアではこれらを靴に大量に含ませないことが肝心です。過剰に与えてしまうと、柔軟性が必要以上に出てしまい、靴の型崩れの原因になってしまうからです。ちょうど我々が暴飲暴食すると、体型が崩れてしまうのと同じと考えるとわかりやすいでしょう。「ちょっと入れ過ぎたかな?」と感じたら、ブラッシングや乾拭きで調整して下さい。

オイルドレザーの靴は油分が多いため汚れも付きやすいですが、それがこびり付かないよう大汚れした直後にケアしてあげれば、いつまでもその撥水性やしっとり感を持続させることが可能です。またそうすることで小さなキズもほとんど目立たなくなるのも、何とも嬉しい点。「遊び」だからこそ事前・事後のフォローをしっかりしておくことが、長年の付き合いとなる一番の秘訣であることも、人間と同じかな?



【関連リンク】
株式会社 R&D ホームページ
株式会社 R&D 通販サイト リソーシーズ シューケアギャラリー
株式会社エス・アイザックス商会(S.ISAACS & CO., LTD.)
コロニル販売株式会社 通販サイト コロニル レザーケア
コロンブス 靴クリーム・靴用品・シューケア・フットケア


【関連リンク】
「シューケア技術向上講座」 お手入れの前に知っておきたい、大切なこと
「シューケア技術向上講座」 一番の基本。スムースレザーの革靴のケア!
「シューケア技術向上講座」 靴クリーム、一体何が違うんだ? その1
「シューケア技術向上講座」 靴クリーム、一体何が違うんだ? その2
「シューケア技術向上講座」 靴ブラシ、一体何が違うんだ?
「シューケア技術向上講座」 靴を磨く「布」について、深く考えてみる!
「シューケア技術向上講座」 靴に生えたカビを、正しく除去する!
「シューケア技術向上講座」 さあ、汚れた靴を洗ってみよう! 一般編

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。