男性が必ず一足は持っている靴と言えばスニーカー。スニーカーはビジネスシーンであまり履くことはありませんが、オフの時やカジュアルな服装では断然、活躍するシューズです。スニーカーはキャンバス地や柔らかいレザーなどでできており、靴底にゴムがついたカジュアル靴のこと。ゴム底のために歩くときに革靴のような音がしないから“忍び寄る”という意味の英語SNEAKからこの名前がつきました。

ローテクスニーカーが復活

ファッションのトレンドが回顧主義のせいでもあり、今流行りは昔ながらのローテクスニーカー
スニーカーのイメージと言うと、ナイキの「エアー・ジョーダン」をはじめとしたハイテク靴をイメージする人も多いでしょう。しかし、40代以上の人は、昔、流行したVANやアディダスのスタンスミスなどのローテクスニーカーを思い起こす人もいること思います。

ここ数年は、スニーカーはファッションアイテムとして外せません。中でも特にローテクスニーカーが復活の兆しにあり、お洒落でセンスの良いスニーカーが続々と登場しています。ハイテクスニーカーはスポーツなどを行うときにはよいですが、ファッションとして履きこなすには少々、難しいものです。

それでは、失敗しないスニーカーの履きこなし術の続きをご紹介します。

スニーカーの履きこなし術

いくらローテクのスニーカーがファッショナブルになったと言っても、履き方のコーディネートを間違えれば、ダサいオジサンスタイルなってしまいます。

革靴やブーツはある程度、どのようなスタイルにもオールマイティに合わせられますが、スニーカーはそうはいきません。それでは、スニーカーをスタイリッシュに履きこなすコーディネートの5か条をお教えしましょう。

■その1:ビジネススーツにスニーカーはタブー
スニーカーが似合うのはカジュアルなスタイルです。ウールのフォーマルなスーツには似合いません。NYでは、スーツ姿にスニーカーで朝、出勤する人を多く見かけますが、彼らはオフィスで革靴に履きかえるのです。お洒落上級者は、コットン素材のスーツにシンプルなスニーカーを合わせることがありますが、クリエイティブな仕事をしている人以外は、TPOとしてふさわしくありません。

スニーカーはカジュアルなボトム、ジーンズやチノによく合います。でも、フォーマルなウールのパンツとの相性はイマイチ
■その2:ジーンズとスニーカーの相性はバツグン。チノパンも良し
フォーマルなスーツにスニーカーは似合いませんが、ジーンズやチノパンなどのカジュアルなボトムにはスニーカーはバツグンに合います。その場合、トップにシャツやTシャツでもよいし、コートやジャケットを着てもOKです。

■その3:ベーシックな白もいいが、カラーでアクセントを
スニーカーのチョイスでベターなのは、白。白は清潔感に溢れ、どのコーディネートにも合います。しかし、真っ白ではベーシック過ぎますので、カラーのアクセントがあると良いでしょう。例えば、ブルーやグリーン、マルチカラーのストライプなどはシンプルでスポーティ、洗練されたイメージを印象づけられます。

■その4:クラッシックなスニーカーのほうがよりスタイリッシュ
先にも述べましたが、ローテクでクラッシックなスニーカーがよりファッション性が高いです。ハイテクで派手な厚底のスニーカーは、確かに履き心地は申し分ありません。しかし、どうしても野暮ったい印象になってしまい、着こなしとしては、イマイチな感じになってしまいます。

■その5:いつもきれいにしておくこと。特に、靴紐は汚れたら取り替える
スニーカーを履くときにいつも気をつけたいのは、汚れ具合。せっかくお洒落に決めていても、靴を見れば汚れて黒ずんでいるといった人をよく見かけます。スニーカーは洗っても大丈夫なので、こまめに洗うことを心がけましょう。特に、靴紐は、古くなったら取り替えるようにしましょう。

以上、今回は、足元のお洒落、スニーカーの履きこなし術をご紹介しました。カジュアルシーンのファッションアイテムとしてぜひ使いこなして下さい。


【関連記事】
女性が嫌うアクセサリーの選び方
スーツの印象はシャツの衿で変わる!?
足元のコーディネート 靴下選びのコツ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。