ガスチャージに必要な工具

ガスチャージ用工具
ガスチャージに必要な工具は、チャージングホースとサービス缶バルブです。合わせても数千円程度で購入可能です
単にガスチャージだけを行うためには、実はそれほど大がかりな工具は必要ありません。必要なのはガスの入ったサービス缶とエアコンシステムに設置されたサービスポートを繋ぐためのチャージングホース、そしてサービス缶にホースを接続する口を取り付けるためのサービス缶バルブの二つだけです。

ホースやバルブを選ぶ際には、自分のクルマに使われているガスの種類(R12かR134aか?)に合った口金のタイプを選択する必要があります。ガスの種類を間違えると、ホースが接続できませんからご注意ください。ただ、ガスの種類による違いというのは、単純に口金の部分の形状の違いにすぎませんから、例えばR12用のホースであってもR134a対応のアダプターを取り付ければ、使用できる場合もあります。

次に工具の入手先についてですが、これはなかなか一般のホームセンターで、というわけにはいきません。ホースに関しては、実は家庭用エアコンの修理に使うものとそれほど変わらないため、口金のサイズさえ合えば問題はありませんが、サービス缶バルブは専用のものが必要になります。

そのため、自動車用工具専門店などで求めるという方法が確実でしょう。また最近では、インターネットで調べればこうしたちょっと特殊な工具などを通販で購入できるサイトもありますので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

次ページでは実際の作業例を紹介します