アイドリング状態での暖機は燃料の無駄!?

暖機イメージ
暖機の目安としては、水温計の針が動き出すまで、というのも挙げられるが……
皆さんは寒い冬の時期、朝一のエンジン始動後の暖機は、どのように行っていますか? しばらくアイドリング状態を続けて、水温が上がるのを待つという人や冬でもエンジンを掛けたら即発進する人など、人それぞれだと思いますが、実際のところ暖機はどのように行えばいいのでしょうか。そのあたりを考察するためには、まずなぜ暖機をする必要があるのか、というあたりから考える必要があると思います。

暖機の主な目的としては、まずエンジンを温めるというものが挙げられます。また、寒い季節なら暖房を効かせたい、デフロスターで窓の霜を取りたいという目的もあるでしょう。これらはエンジンの冷却水の熱を利用した機能ですから、やはりエンジンを温めることと同じと考えられます。では、エンジンはなぜそれほどしっかり温める必要があるのでしょうか。

年配のドライバーの方や古いクルマに乗っている人なら、実際経験しているためご存じだと思いますが、ひと昔前のクルマ(旧式の燃料制御装置=キャブレター式のクルマ)では冷間時にはエンジンに力がなく、吹け上がりも鈍いため、走りたくても思うように走れないというのが現実でした。そのため、気温が低い時期にはしっかりと暖機を行い、エンジンが本来の性能を発揮できるようになるのを待ってから走り出す必要があったのです。

では、今どきのクルマはどうかというと、特に暖機など気にしなくてもまったく普通に走ることができます。これは主にエンジンの制御技術が進歩し、エンジンが冷えている状態でもしっかりと性能を引き出せるよう、燃料の噴射量などを適切に制御できるようになったことが要因です。

それなら、暖機は全く不要なのか? というと、そうとも限りません。例えば、エンジン内部のパーツは、エンジンが適正な温度まで温まった状態になって初めて、本来の性能を発揮できるように設計されています。もちろん、今どきのエンジンではパーツの加工精度も格段に高くなっているため、それほどシビアに考える必要はありませんが、ピストンなどは今でも温度管理が必要な代表的なパーツといえるでしょう。

そのため、エンジンを労わる意味や冷えた状態ではピストンのクリアランスの問題などから、オイル消費も増えがちということを考えると、今どきのエンジンでも何がしかの暖機運転は必要だと考えられます。ただし、アイドリングで無駄に燃料を消費し、いたずらに排気ガスやCO2をまき散らすのはエコロジーの観点からしてもいただけません。

では、暖機運転はどのようにすればいいのか、次ページで紹介したいと思います