急な操作を避け、安全にクルマを停止させること
 

パンク

走行中に普通とは違う振動やハンドルが取られるなどの異常が感じられたら、タイヤのパンクやバーストなどの可能性がある。そんなときは急な操作をしないよう、慎重にスピードを落として、クルマを停車させる

いくら注意をしていても、100%防ぐということはできないのが、タイヤのパンクやバーストです。そのため、いざそうしたトラブルに遭遇した時にはどのように対処すべきかを知っておくことが大切です。

まず、最も注意すべきなのは、走行中のパンクやバーストです。走行中に突然ハンドルや車体を通じて、異常な振動が伝わってきたり、クルマが真っ直ぐ走らない、コーナリング時にクルマの動きが不安定になる、などの症状が現れた場合は、タイヤのパンクやバーストのサインと考えられます。

このとき、慌てて急ブレーキを踏んだり、急ハンドルを切ったりすると、クルマの挙動が乱れて危険な状態に陥ることもありますから、そうした急な操作を避けて、慎重にスピードを落とし、路肩などで安全の確保できるところに停車させてください。特に車速が高いときには、クルマの挙動変化も大きいので、より慎重な操作が求められます。

クルマを停止させたら、タイヤの状態を確認します。パンクやバーストをしているタイヤがあれば、ひと目でそれと分かるはずです。タイヤに異常が見られないときにも、サスペンションなどに不具合が出ていることが考えられますので、無理をせずにJAFなどのロードサービスに相談してみることをおススメします。

ある程度、クルマの知識がある方でしたら、自分でスペアタイヤに交換することもできると思いますが、高速道路上ではいくら路肩に止めていても、後続車に追突される危険性がありますので、必ずロードサービスを呼んでください。そして、ロードサービスを待つ間も、クルマから降りてガードレールの外側など、道路からなるべく離れたところに避難するようにします。

安全な場所でスペアタイヤに交換するときも、スペアタイヤや車載工具の有無(クルマによっては、パンク修理キットで代用されていることがあります)、およびその使い方をあらかじめ確認しておくと、いざという時に慌てずに済むでしょう。

次ページでは、バーストなどを防ぐ方法を紹介します