フロントガラスが凍った場合の、おすすめの解氷方法

出かけようと思ったら、フロントガラスに氷が…

出かけようと思ったら、フロントガラスに氷が…

気温が低くなると凍ってしまうフロントガラス。いざ出発!というときに手間取ってしまったという経験はありませんか?また、寒い中で震えながらフロントガラスに付着した氷を溶かしていく作業が嫌だという方も多いでしょう。
そこで今回は、フロントガラスが凍った場合の溶かし方をご紹介します。

フロントガラスが凍る原因は「放射冷却」

フロントガラスが凍ると表現していますが、フロントガラス自体が凍るというよりは、空気中に浮遊している水分が冷やされ氷となってフロントガラスの上に降ってきたという表現が正しいです。よく霜が降りると言ったりしますよね。この、霜が降りる現象は「放射冷却」が原因です。
霜の拡大画像

霜の拡大画像

風がなく晴れた夜は、雲のような、いわば蓋をしてくれるものがないので熱が逃げていきやすいです。特に、日本の冬は乾燥しているので放射冷却現象が起こりやすく朝方に冷え込むことが多いと言われています。放射冷却が起こると、地表付近の温度が0℃以下になるので大気中の水分が凍り、フロントガラスに霜が降ります。なので、どんなに寒くても屋根付きの車庫に入れておくとフロントガラスは凍らないというわけです。

やってはいけないフロントガラスの氷の溶かし方。お湯は絶対にNG

凍っているフロントガラスに熱湯をかけてしまうと、急激な温度変化でガラスにヒビが入ったり、割れてしまう可能性があります。また、気温が低い地域では、走行中に溶かしたはずの氷がまた凍結してしまいます。お湯も「水」なので、温度が下がれば凍りはじめるので注意しましょう。

既に凍っていたら超お手軽な「解氷スプレー」を使おう

一番おすすめする方法は「解氷スプレー」です。吹きかけるだけなので簡単で楽に解氷できます。

■解氷ガラコダブルエッジ 330ml

吹きかけることで、解氷と同時に、強力な水ハジキ被膜を形成し、泥ハネや雪の固着も防止します。マイナス40度まで対応していて車窓にスプレーするだけで、雪・霜・氷をスピーディに解氷してくれます。 一度溶かした氷の再凍結を防止するとともに、ギラツキやくもりのない良好な視界で走行出来ます。他にはキャップに、車窓に厚く張り付いた氷をラクにかき落とせるギザギザエッジ付きのキャップに、霜を効率よくかき落とすためのヘラタイプのスクレーパーをセットしてあるのも便利です。

走行中の凍結には解氷できるウォッシャー液を入れておくのをおすすめ

走行中にフロントガラスが凍り始めてしまったら、解氷ウォッシャー液を噴射してフロントガラスに付着した氷を溶かしましょう。雪の多い地域で運転する/寒い地域で運転する人にもおすすめです。

■古河薬品工業(KYK) ウインドウオツシャー 解氷スーパーウォッシャー液

 ウインドガラスの霜・氷・雪を素早く解かし、強力な洗浄力で頑固な油膜もスッキリ落とします。特殊キレート剤が塩化カルシウムのカルシウムイオンを捕捉して錯体となるため、塩化カルシウムを素早く除去します。ゴム・塗装面を傷めない品質なので、安心して使えます。

フロントガラスが凍り始めたら「デフロスター」で溶かす

解氷スプレーも解氷ウォッシャー液も無く、出先でフロントガラスが凍りはじめたという方は「デフロスター」を使いましょう。氷を無理に剥がそうとカード等を使うと、フロントガラスが傷つく可能性があります。
湯気が出でいるようなマークがデフロスターボタンです

湯気が出でいるようなマークがデフロスターボタンです

デフロスターボタンを押せば、フロントガラス下部から暖かい空気がでるのでフロントガラスについた霜を溶かしてくれます。この時、デフロスターから出る空気の温度は高くしておきましょう。 ただ、溶けるのに時間がかかるので、冬は解氷スプレーを持っておくことが一番お手軽です。

フロントガラスが凍るのを防止するには

冒頭でも説明したように、フロントガラス自体が凍るのではなく、空気中に浮遊している水分が冷やされ、氷となってフロントガラスの上に降ってくるので霜が降りないようにカバーを掛けておけば安心です。

■Hippo 車 フロントガラス凍結防止カバー カーフロントガラス凍結防止 汎用カーフロントカバー
取り付けも簡単で、車のフロントドアに車凍結防止カバーのミミの両端を挟むだけです。吸盤で貼りつけるタイプだと捲れてしまう場合もありますが、挟み込むタイプなら安心です。また、軽自動車&普通車&SUVなど幅広い車種に対応しています。他には、サンシェードとしても使用できます。反射面と内部のアルミ膜で強い日差しと高熱を抑え、車内の温度上昇を軽減できるので季節を問わず活躍してくれそうです。 収納ポケット付きで、折りたためるのでコンパクトなのも魅力的。自分の車に合ったサイズを購入して下さい。

フロントガラスが凍っていても、対処できるように早起きしましょう

時間に余裕を持って行動しましょう!

時間に余裕を持って行動しましょう!

私は、フロントガラスが凍る季節になると早起きになります。理由は、フロントガラスの氷を溶かす時間を見越してです。ですが、30分早く起きてもコタツから出ることができず、結局時間ギリギリになってしまうということが、たまに……いえ、毎日です(笑)。学生時代は母に「30分早く起きるよりも、コタツを押し入れにしまった方がいい」と毎朝言われていた記憶があります。

他には、私の中で「フロントガラスの氷を溶かす」ことは、年の瀬の風物詩でもあります。2017年もあと少しとなりました。皆さんは、今年1年はどうでしたか? 来年に向け、さらなる一歩が踏み出せると良いですよね!

【関連記事】
車のエアコンの臭い、原因とカンタンな除去方法を紹介
タイヤチェーンの基本と巻き方、種類別おすすめ3製品
ワコーズ技術部、和田岳広氏インタビュー


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。