まずは新車時の慣らしが、その後の寿命と性能に影響

エンジン内部

新車時の慣らし運転によって、ピストンとシリンダーのアタリを適正につけてやることで、エンジンの寿命や性能も変わってくる(写真は水平対向エンジンです)
 

クルマの寿命というと、思い浮かべるのはどんな状態でしょうか? ボディは事故を起こして潰れても、かなりのレベルまで修復できますし、内装やシャシー関係も、部品が手に入る限りは直すことができます。ただ、エンジンが壊れてしまうと、このクルマももう終わりだな、と感傷的になってしまう人も多いでしょう。

もちろん、エンジンも壊れたら、直せばいいだけですし、場合によっては新品もしくは中古のエンジンに載せ替えるという方法もあります。ただ、気持ち的に(金銭的にも?)エンジンが壊れると、クルマ自体がダメになったように感じてしまいますね。そこで、今回はエンジンを長持ちさせる方法について、考えてみたいと思います。

まず、エンジンの寿命はもちろん、その後の性能にまで影響してくるのが、新車のときの慣らし運転です。新品のパーツで組みあがったばかりのエンジンは、各部が馴染んでいないため、いきなり無理をさせると、摺動部にキズがついたり、悪いアタリが付いたりしてしまいます。

ただ、今どきのクルマは、それほどシビアに慣らしをする必要はないという意見もあります。AT車であれば、無理な急加速を避け、普通に街中を流すような走りを心掛ければ、自然といいアタリが付いてくるでしょう。

MT車では、最初の200kmは3000回転、次の200kmは4000回転というように、徐々に使用回転数を上げてゆく方法が一般的ですが、このあたりは人によっていろいろと考え方もあるようです。ただ、基本的にはエンジンに負荷を掛けない運転を心掛けることが大切です。

負荷の大きい運転とは、例えば上り坂を高いギアで、低いエンジン回転数のまま、無理やり加速させるような走りです。ちょっと古いクルマなら、エンジンからカリカリとノッキングの音が聞こえてきそうな運転ですね。これは新車に限らず、エンジンには非常に厳しい状況ですから、なるべく避けるべきです。

次のページでは、日頃から心掛けたいことについて紹介します。