応急処置での対策は難しい

冷却水量を確認して、十分な量が残っている場合はサーモスタットやウォーターポンプ、またはファンベルトの切れ、ファンの作動不良など様々な原因が考えられます。ただ、いずれにしてもその場で応急的に修理をするのは難しい状況と言えるでしょう。ある程度、置いておけば水温が下がり、再び走行が可能になる場合もありますが、オーバーヒートの原因が解決していない以上、またすぐに同様の症状が出るはずですから無理をせずロードサービスを依頼しましょう。

画像名
ホースが破れそこから冷却水が漏れているような場合は、無理をせずロードサービスを頼むべきです
次に冷却水量が著しく減っている、もしくはほとんど入っていないような場合は、明らかに冷却水が漏れた跡が見つかるかもしれません。多くの場合はホースの破れなどがその原因と思われますが、この場合もやはり応急的な処置での再走行は難しいでしょう。昔はよくガムテープなどで破れたホースを補修して、などという話も聞かれましたが、それは本当に応急的な処置ですから、正直おススメできません。

つまり、結論から言ってしまいますと、最近のクルマでは急な坂道の登坂など、オーバーロードによるオーバーヒートは少なく、オーバーヒートを起こすのは何らかのメカニズム的なトラブルが発生した場合がほとんどです。そして、そうしたトラブルというのはなかなか応急的な処置だけでは解決しにくいものなので、ロードサービスを頼むというのが最も有効な対処法となります。そうならないよう日頃からしっかりとしたメンテナンスを心掛けたいものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。