文章 : 高山則政(All About Japan「カーメンテナンス」旧ガイド)

クルマにはたくさんのゴム製パーツが使われていますが、長期間使用すると硬化やヒビ割れを起こしやすく、本来の機能が低下してくる場合があります。ゴムに浸透して、柔軟性を保つためのケミカルを使うと、保護するだけでなく新車のような自然なキレイさを保つことができます。

これらゴム製パーツの劣化を防いで、ベトつきや硬化、ヒビ割れを防止するためのケミカルが市販されています。ここでは、一般に入手しやすいクレのラバープロテクタントを使っています。効能としては、ゴム製パーツにスプレーするだけで、ゴムの劣化を防ぎ汚れの再付着を防止。さらに、ゴム製ベルトのキシミ音や鳴きを防止するとあります。
 使用場所としては、エアダクト、ラジエターホース、ブレーキホース、プラグコード、ディストリビューターカバー、ファンベルト、ウェザーストリップなどです。
 これはツヤだしではないので、使用後にテカテカしたり油分が残ったような状態にはならず、ゴム本来のコンディションを保つことができます。

ウェザーストップのメンテ
ドア周りやトランクの開口部には、ウェザーストリップと呼ばれるゴムのパッキンが使われていて、気密や防水性を保っています。このパッキンが硬化したりヒビ割れを起こしたりすると、雨漏りや高速走行中の空気の吸い出しなどの原因となってしまいます。
 実際のところは、そうそう簡単にヒビ割れることはありませんが、柔軟性が落ち、徐々にゴムの厚みが減ってくるような状態になって(平べったくなる)、密着性は低下してきます。


 ケミカルを使う場合は、(ほとんどのケースでは問題にならないと思いますが)目立たない場所に少量スプレーして色変化や色落ちがないかチェックしてみます。噴射される液は透明で、ゴム表面に広がってしばらくすると浸透したり蒸発してしまいます。表面に残るものは特にないので、後で触っても元のゴム質そのままとなっています。問題なければ、全体にスプレーして乾いた布で拭き上げればOKです。

 ウェザーストリップは、ドアやトランクと接触する部分だけでなく、横の部分にも吹きつけてやれば、この部分に溜まりやすいホコリも取れてキレイになります。
 また、水弾き効果も出てくるので冬季にドアとウェザーストリップが凍結して貼り付くようなことを防ぐことができます。

エンジンルームでのクリーニングや保護に
エンジンルームにはラジエターや空気の配管などに、多数のゴムホースが使われています。ホコリをかぶって汚れているものは、スプレーして拭き取るとキレイになります。このようなケミカルで時々磨いてやると、エンジンルームを常にキレイに保てます。また、処理後にホコリを呼ぶことはありません。

 エンジン回転中にベルトがキュルキュル鳴く場合に対しても有効です。もちろん、張り具合やベルトそのもののコンディションは正常ということが前提になりますが、ベルトの接触面にまんべんなく吹き付けてやれば、その瞬間に鳴きは収まります。


 エンジン回転中にベルト接触面に吹くと素早く全体に吹き付けられますが、服や手が巻き込まれるようなことがあると大ケガをすることになるので、停止状態で見えている部分に吹き付けておいてから、セルモーターを瞬間的に回して(エンジンはかけない)ベルトの位置をずらしてから吹き直せばよいと思います。ただし、塗ったときはてきめんに効きますが、長期間の持続性はそれほどないように思います。