おでんはダイエッターの味方!?

寒い時期に食べたくなる、おでん。最近ではコンビニでも手軽に変えるようになりましたね。身近な存在のおでんですが、実はダイエッターの強い味方でもあるんです!

おでん具の材料は、魚系のすりみ原料、豆腐系の原料、野菜類、その他、とおおまかには4種類に分けられます。
画像の代替テキスト
種類も豊富。1個でも買う事ができるのもうれしいですね!
下ごしらえの段階で揚げるものもありますが、煮る前に一度油ヌキといって余分な油を抜いてから煮るので、従来の揚げ物ほどの量は素材には残っていません。

素材そのものを生かした、和の家庭料理。美味しくてカロリーも控えめ、ダイエッターに嬉しい要素がいっぱいです!


コンビニおでんのカロリーは?

画像の代替テキスト
寒い時期は、代謝低下につながる冷えにも注意したいところ。おでんはカラダが温まるのも良いですね!
まずは、いつも行くあのコンビニのおでんのカロリーをチェックしてみましょう!

■セブン-イレブン
  • 大根(75円)……13kcal
     
  • たまご(90円)……87kcal
     
  • 餅入り巾着(こがね餅、120円)……128kcal
     
  • こんにゃく(75円)……13kcal
     
  • 焼ちくわ(110円)……62kcal
     
  • 牛すじ串(105円)……60kcal
     
  • 絹ごし厚揚げ(95円)……108kcal
     
  • かまくらはんぺん(105円)……37kcal
     
  • じゃがいも(95円)……67kcal
     
  • がんもどき(110円)……112kcal
     
  • ピリ辛ごぼう揚げ(さつま揚げ、100円)……44kcal
     
  • 味しみちくわぶ(90円)……93kcal
     
  • あじつみれ(105円)……50kcal
     
  • 昆布巻き(85円)……9kcal
     
  • ロールキャベツ(120円)……50kcal
■ローソン
  • 大根(75円)……12kcal
     
  • たまご(85円)……80kcal
     
  • 餅入り巾着(110円)……122kcal
     
  • こんにゃく(75円)……8kcal
     
  • 焼きちくわ(110円)……60kcal
     
  • 牛すじ(110円)……41kcal
     
  • 厚揚げ(国産大豆使用、90円)……117kcal
     
  • はんぺん(110円)……48kcal
     
  • がんもどき(国産大豆使用、110円)……101kcal
     
  • さつま揚げ(鯛入り、110円)……86kcal
     
  • ちくわぶ(85円)……111kcal
     
  • ごぼう巻き(110円)……54kcal
     
  • つみれ(110円)……76kcal
     
  • 昆布巻き(75円)……8kcal
■ファミリーマート
  • 大根……9kcal
     
  • こだわり味付けたまご……72kcal
     
  • 餅入り巾着……129kcal
     
  • 味付け三角こんにゃく……9kcal
     
  • 極旨焼ちくわ……84kcal
     
  • 牛すじ……45kcal
     
  • 厚揚げ……122kcal
     
  • 極旨はんぺん……55kcal
     
  • おでん用じゃがいも……75kcal
     
  • 味付け結び白滝……6kcal
     
  • がんも……102kcal
     
  • さつま揚げ……73kcal
     
  • 味付けちくわぶ……86kcal
     
  • 極旨つみれ……52kcal
     
  • 結び昆布……1kcal
     
  • ロールキャベツ(120円)……50kcal
※商品は大手3社の2008年度の品揃えから抜粋しています。
※数値は各社公表数値を参考にしています。
※地域により商品が異なる場合、関東圏で販売しているものを参考にしています。

ダイエッターにオススメの食べ方とは?

画像の代替テキスト
どれを選んでも比較的低カロリー。野菜、乳製品、をプラスすると栄養バランスも◎
カロリーがわかったところで、今度は食べ合わせや食べる量をご紹介したいと思います!

■食べる個数
まずは食べて良い個数ですが、食事や軽食として利用する場合、オススメの量は3個程度が理想的。おでんだけでは栄養バランスも調えきれないので、他の食品で補う分、ゆとりを持たせておきたいもの。水分も多いので、良くかんで食べれば食べ応えもありますよ。

■注意したい点
健康上気をつけたい点は、塩分が高めであること。特に練り製品(ちくわ、はんぺん、さつま揚げ)はそもそもの素材に塩分があるので、食べすぎにはちょっぴり注意を。食後に喉が渇いて、甘いジュースを飲んでしまったりすると、余分にカロリーを摂る原因にも、むくみの原因にもなるかも。

■最も低カロリーな組み合わせ
だいこん、こんにゃく(しらたきでもOK)、昆布巻き。この3種セットがダイエッターの強い味方です。この3つに、おにぎり1個、デザートにフルーツヨーグルト1個をつけても350kcal程度!食べ応えはあるのに、低カロリー。夕食を外食する予定の日のランチなどにもオススメです。

■栄養バランスを重視した組み合わせ
たまご、はんぺん、つみれ、大豆製品(がんも、厚揚げ)はタンパク質のおかずとして食べると◎。おでんはビタミンが不足しがちなので、野菜ジュースを添えるとより良いですね。おにぎりなどご飯類を添え、良くかんで食べましょう。

■控えめにしたいおでん種
ちくわぶ、餅きんちゃく。これらはおかずというよりも、炭水化物。ちくわぶは小麦粉が原料、餅きんちゃくは揚げと餅なので、言わずもがなカロリーは高めです。これらを食べる時は、高カロリーであることをを意識したいですね。

このようにおでんは、コンビニで食事を調える際にも強い味方。上手に活用して、温かい冬も上手なダイエットを継続しましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。