北京のおすすめショッピングスポット

王府井

超高級デパートから青空市場まで、なんでもあり!の買い物天国

「世界の工場から世界の市場へ」と言われるように、ここ数年、北京にはショッピングスポットが次々と建設! いまや、世界中のどんな商品でも手に入る大都市となり、同時に物価もぐんぐん上昇しています。

無愛想

今でも所々で昔らしさを発見できる

一昔前、北京での買い物と言えば「没有(メイヨウ)」。「ありません」という意味のこの中国語を覚えて帰った旅行者がどれだけいたことか。当時はほとんどの店が国営で、売っても売らなくても同じ給料という店員さんには、サービス精神の欠片すら感じられませんでした。「~をください」という客に対して、探すのが面倒な店員から帰ってくる答えは「没有(メイヨウ)」……。陳列棚の商品を手にとって見たいと頼もうなら、ポイ捨てのように放ってくるし、支払いの段階でもおつりが同じように放られて返ってきました。

 

変化

世界のトップブランドがずらり!

ところが、五輪を期に様相が一転! ハード面だけでなく、店員さんの意識もずいぶん改善され、北京のショッピングが“楽しめるもの”となったのです。しかしこの町はドデカイ! 上海の28倍、東京が丸々8個入っちゃうマンモス都市なのですから、リサーチもせずにお買い物と言うのはちょっと無謀かも。逆に、下調べさえすれば、お洒落なデパートから青空市場まで「なんでもあり!」の北京こそ、この上ないお買い物天国なのです! 今回は、ちょっとバブっている高級デパートから、値段交渉が楽しめる市場まで、「デパート&モール」、「お土産スポット」、「市場(シーチャン)」の3つのカテゴリーに分けて、全11スポットを紹介していきます。