ウィンタータイプに似合うヘアメイクの色

アイメイクを強調したいときは、鮮やかなブルーで、ドラマティックに。

アイメイクを強調したいときは、鮮やかなブルーで、ドラマティックに。

ウィンタータイプは、どこか強さや質感の重さを感じさせる肌質、白目と黒目のコントラストがはっきりとした澄んだ瞳が特徴です。ファンデーションは、ピンク系が似合う人が多いですが、ご自分の肌の色みや明るさに合ったものを選びましょう。

適度につやめいた仕上がりが似合うので、クリームタイプのファンデーションで、スキのないベースメイクを心がけるとよいでしょう。

メイクアップは、瞳の強さを生かし、シンプルでくっきりとしたメイクがおすすめです。ラインを強めに入れ、クールな印象に仕上げましょう。チークは青みのあるピンクが肌になじみます。リップはレッドなど強い色も似合いますが、ビジネスシーンでは、ピンクベージュなどで、控えめに仕上げるとよいでしょう。

ウィンタータイプに似合うヘアメイクの色

ウィンタータイプに似合うヘアメイクの色

■ヘアカラー

つややかで濡れたような黒髪が持ち味なので、ダークな仕上がりが似合います。明るくしすぎないように、黒髪の美しさを生かしましょう。黄みの少ないレッドブラウン、ブルーブラウン、パープルブラック、ダークワインなど、強さを感じる色みがおすすめです。

■アイカラー

ラインを強調し、色みは控えめに、強い瞳の美しさを強調しましょう。パールホワイトからブラック、ネイビーなどでコントラストをつけます。シーンによっては、鮮やかで濃いブルー、パープルなどで、ドラマティックな雰囲気を演出しても似合います。鮮やかなブルーやパープルは、アイラインやマスカラに使うのもおすすめです。

■チークカラー

青みの強いピンク系が健康的で華やかな印象を作ります。ウィンタータイプは、目元や口元にポイントをつけたメイクが似合うので、チークはあくまでもほんのり色づく程度にして、全体のバランスを整えましょう。

■リップカラー

真紅、深紅、マゼンタ、ワイン、ボルドーなど、華やかで主張のある色が似合います。リップに強い色を使う場合は、目元は色みを控えめに。アイメイクをきっちり作りこんだら、リップはパール感のあるピンクベージュなど、落ち着いた色で全体のバランスを整えるとよいでしょう。

深みのあるレッドが信頼感のある印象をつくります。

深みのあるレッドが信頼感のある印象をつくります。


※色見本は、ブラウザやディスプレイによって見え方が異なります。
※スプリングタイプに似合う色の一例です。スプリングタイプの特徴をとらえる指針としてご活用ください。
※パーソナルカラーの効果を実感したい方、詳しいアドバイスを受けたい方は、カラードレープをつかった診断を受けることをおすすめします。


>>>もう一度診断する

女性編の他のタイプも見る
女性編も見る
【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に反映させていただきます。
ガイドの最新情報は、All About公認ガイドブログFacebookページTwitterをご覧ください。

【関連記事】

【カラー&スタイル監修】
ガイドが監修したパーソナルカラーのコンテンツの一部をご紹介します。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。