基本黄金比のキレイ眉の描き方をマスター

顔の印象をきめる、眉毛は重要ポイント!

顔の印象をきめる、眉毛は重要ポイント!

眉のかたちひとつで、顔の印象が変わったり、垢ぬけることは知っているんだけど、なかなかキレイな眉が描けない……。理想的な眉のかたちはどんな風? 私にも描けるの?

そんなお悩みに答えて、今回は、黄金比によるキレイ眉の描き方を、わかりやすくお伝えします! おまけに眉の練習シート付き! これを使って、自分の手で理想的なカーブを覚えてしまえば、描くのがきっと楽になりますよ。

それでは、レッスンを始めましょう!

■眉を描くために用意するもの
  • アイブロウペンシル
  • 先が斜めにカットされている眉用ブラシ
  • アイブロウパウダー
  • 眉マスカラ
 

キレイ眉の黄金比

キレイな眉を描くポイント

 眉頭・眉山・目尻のポイントをチェックして、美眉を描こう!

■POINT 
眉を左右対称に……というと、眉山をそろえることが大切と思われるかもしれませんが、眉山は表情によって動く場所なので、多少そろっていなくても大丈夫。それよりも視線が集まる顔の中心である眉頭をそろえた方が、左右対称に見えます。描く前に、あなたの左右の眉頭の高さをチェックしてみましょう!

■眉頭   眉を左右対称に見せるキーポイント。
ここの高さがあっていれば、ほぼ左右対称に見える。

■眉山   黒目の外側の延長線上にくるのが目安。

■眉尻   高さは眉頭と同じくらい。
小鼻のわきと目尻を結んだ、延長線上にくるのが基本。
少し短い方が、今風になります。
 

眉練習用シートで、理想のカーブを覚える

プリントアウトして使用してくださいね!

眉練習用シート:プリントアウトして使用してくださいね!

私がいつも基本としている眉の形を描いてみました。

プリントアウトして、眉のラインを上からなぞってみてください。手が理想のカーブを覚えれば、眉を描くのも楽になりますよ。
 

1.まず眉尻を描く

ペンシルで眉尻を書き足す

 

ペンシルで眉尻を描きます。足りない部分を書き足す気持ちで。

POINT
濃すぎると不自然になるので注意!
 

2.眉尻から眉頭に向かって描いていく

ブラシでパウダーをとり全体を描く

 

次に、先が三角になったブラシを用いてパウダーで描きます。
まずは、眉尻から眉中央の間を、行ったり来たり2往復。次に、眉中央から眉がしらの間を2往復。

POINT
パウダーは付け足さず一気に描きます。こうすることで、自然に眉尻は濃く、眉頭は薄くなって、グラデーションによる立体感が生まれます。
 

3.眉マスカラをつける

ブラシを縦にもって!

ブラシを縦にもって!

つける前に、余分なマスカラ液をティッシュで軽くとります。これをしないとダマができやすくなるので注意。
 
眉の両面につけましょう

眉マスカラは流れに沿って両方向からつけましょう

まずは眉尻から眉頭に向かって。次に眉頭から眉尻に向かって付けます。

こうすることで、眉毛の表裏にムラなくつけることができます。
 

4.左右対称チェック

眉ブラシを用いて高さを合わせます

眉ブラシを用いて眉頭の高さをあわせます

片方の眉を描いた後に、眉頭の下のラインを左右対称にそろえます。下のラインがそろっていれば、他が少しずれていても、対称に見えるから不思議。

まずは下のラインをそろえてから、もう片方の眉を描きはじめましょう。
 

5.完成

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

 
眉は顔を印象づける大切なパーツ!

眉は顔を印象づける大切なパーツ!

 

新見流・美のルール

a

 

  1. 美しい眉の条件は左右対称。対称に見せるコツは眉がしらをそろえること。
  2. 眉尻のみペンシルを使い、その他はパウダーで描く。
  3. 仕上げに、眉マスカラをON。
  4. やや短め、やや太めのナチュラル眉が今風。
     

使用コスメ

あ

左から、眉ブラシ・アイブロウペンシル・眉マスカラ・アイブロウパウダー

 

・眉ブラシ
KOBAKO アイブロウブラシ

・アイブロウペンシル
ファンケル アイブロウペンシル

・眉マスカラ
ブルジョワ ドロール ドゥ スシル ブロンドゴールド21

・アイブロウパウダー
ラヴーシュカ パウダ-コンパクトアイブロウLB-1
※現在こちらの商品は廃盤になっています

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。