まつげエクステは「カールの仕上がりイメージ」を伝えることが重要

まつげエクステのカール比較

まつげエクステ装着イメージ

まつげエクステ・マツエクを装着する場合、自分で思い描いているイメージを施術者に伝えることがとても重要。髪を切るときのようにイメージを伝える写真の切抜きなどを持っていくのがオススメです。

しかし、イメージ通りに仕上がるかどうかは、各人の目の形・まぶたの重なり具合・まつげの生え方などで変わってきてしまうので、まずは希望を施術者に相談してみましょう。
   

まつげエクステの長さと太さの選び方

まつげエクステ(マツエク)の長さをは自分のまつげの長さからプラス1~3mmを選びましょう。あまり長いエクステンションを選んでしまうと接着面が少なくなり、すぐに向きがばらついて、取れやすくなってしまうことがあり、また、切れたり抜けたりというダメージのリスクもあります。
 
まつげエクステ太さのイメージイラスト

まつげエクステ太さのイメージイラスト

また太さは、まつげが細くハリがない場合は太さは細めの0.1mmがオススメです。しっかりとしたまつげの方は太めの0.2mmのまつげエクステを選んでも大丈夫でしょう。
 

まつげエクステで目を大きく見せるにはカール選びが重要

まつげエクステ(マツエク)で1番多い誤解が「より長くて太いまつげエクステをつけるほうが、目が大きく見える」というもの。
目のサイズにあわない長くて太すぎるまつげエクステは、エクステそのものの重さでまつげが下がって目にかかるため、かえって目を小さく見せてしまいます。

初めてまつげエクステする人は自分のまつげの長さからプラス1~3mmを目安に、長さ9mmぐらいのエクステンションを選んで様子を見るとよいでしょう。

また、カール選びも重要です。一重やまぶたがかぶるタイプの人は、カールの強いCカールではなく、カールが弱めなJカールを選ぶのもポイント。

 

装着するまつげエクステの本数は片目50本を目安に

日本人は目の幅が狭く、まつげも細く柔らかいのが特徴。自まつげの本数は100~250本ぐらいで3~6ヶ月ぐらいの毛周期で生まれ変わっています。

まつげにダメージが少ないまつげエクステの装着本数は、片方の目に50本前後。生まれたての細くて短いまつげに長いまつげエクステを無理装着すると切れたり、抜けたりする原因になってしまうので注意が必要です。

まつげの本数が少ない人には、長さを出すシングルタイプのエクステンションより、増毛効果のあるYラッシュ、2本タイプのまつげエクステを選ぶといいでしょう。

 

まつげエクステの本数によるイメージの違いを比較

まつげエクステ(マツエク)を付ける本数によるイメージの違いを見ていきましょう。
装着前

装着前

装着前の状態です。
 
30本装着イメージ

30本装着イメー

30本装着するとナチュラルな印象に。
 
60本装着イメージ

60本装着イメージ

60本装着すると華やかな印象に仕上がります。
 

まつげエクステの1本タイプと2本タイプの違いを比較

まつげの本数が少ない人には、長さを出すシングルタイプのエクステンションより、増毛効果のあるYラッシュ、2本タイプのまつげエクステを選ぶといいでしょう。

上からまつげを見た写真です。
装着前

装着前



目尻のまつげを長くしたいとのリクエストが多いのですが、実際のまつげは目尻は少なく短い方が多いのが現実です。
 
1本タイプ40装着イメージ

1本タイプ40装着イメー

1本タイプを40本装着して上から見た状態です。(長さ11mm 太さ0.15mmのエクステンションを全体にバランスよく装着)

ナチュラルで全体的な長さが揃った感じになります。
 
2本タイプ40本装着イメージ

2本タイプ40本装着イメージ

毛先が2本に分かれている2本タイプを40本装着して上から見た状態です。(長さ11mm 太さ0.15mmのエクステンションを全体にバランスよく装着)

同じ装着本数でもボリュームが2倍に見えます。
 

まつげエクステのカールによるイメージの違いを比較

まつげエクステカールイメージ

まつげエクステカールイメージ

まつげエクステ(マツエク)にはカールの種類があります。カールが弱い順番からJカール・Cカール・CCカール・Dカールと一般的に呼ばれています。(まつげエクステのメーカーにより、カールの呼び方や強さは変わりますので装着時に施術者に確認してください。)

まつげエクステはカールを変えるだけで仕上がりのイメージが変わるので、なりたいイメージに合わせて選びましょう! また、長さやカールは部分によって変更することも可能なので、施術者に相談して進めていきましょう。

たとえば目を丸く大きく可愛いイメージに見せたい場合は黒目の上を長めにすると効果的です。切れ長にクールなイメージに仕上げたい場合は、目尻を長めにしてカールを押さえたほうがいいでしょう。
 
Jカール装着イメージ

Jカール装着イメージ

■Jカール装着イメージ■
  • 全体にナチュラルなJカール
  • 目頭から長さ11mmから13mmをグラデーション装着
  • 片目40本目尻
 
Cカール装着イメージ

Cカール装着イメージ

■Cカール装着イメージ■
  • 全体にしっかりカールのCカール
  • 目頭から長さ10mmから13mmを、グラデーション装着
  • 片目40本
     
J&Cカール装着イメージ

J&Cカール装着イメージ

■J&Cカール装着イメージ■
 
  • 目尻Jカール・目頭から中央Cカール
  • 目頭から長さ11mmから13mmを、目の形に合わせて長くしていくグラデーション装着
  • 片目40本
■D・CCカール装着イメージ■
D・CCカール装着イメージ

D・CCカール装着イメージ

 
  • 全体にしっかりカールのD・CCカール
  • 目頭から長さ10mmから13mmを、グラデーション装着
  • 片目40本
同じカールを装着しても目を開けた状態でのまつげエクステの見え方はまぶたの重なり具合で変わります。一重、奥二重の方は注意してください。
 

まつげエクステをつける日の注意点

お化粧、特にアイメイク・マスカラをしないでサロンに行くのがオススメです。まつげにお化粧品がついている場合、接着が弱くなりすぐに取れてしまう原因にもなります。
また、お化粧を落としてすぐの装着はまつげに水分が残っていて、まつげエクステのグルー(接着剤)が乾きにくくなってしまう場合もあります。

結婚式や旅行などでまつげエクステを初めて装着するときは、2週間以上前に一度試して、前日にリペア(お直し)するのが好ましいでしょう。
イメージが違う、アレルギーが出たなどトラブルを防ぐために余裕を持って施術にのぞみましょう。

そして花嫁さんの場合はうつむき加減のアングルでみんなにチェックしてもらいましょう。
 
うつむいた時のイメージ

うつむいた時のイメージ

うつむき加減のまつげエクステはつけまつげやマスカラでは絶対に出ない美しさです。

花嫁さんたちのまつげエクステ支持率が高いのはナチュラルなのに目元が華やかになり、泣いても大丈夫だからなのは納得がいきますね。

写真・イラスト協力:株式会社ビュプロ

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。