まつげエクステをキレイにキープする方法

まつげエクステをキレイにキープする方法

まつげエクステを長持ちさせる「メンテナンス」とは?

まつげエクステは、自分のまつげに特殊なグルー(接着剤)で、まつげエクステ(人工毛)を装着していくため、グルーが取れてしまったり、自分のまつげが抜けてしまったりすることで、装着したまつげエクステの数が徐々に減ってきてしまいます。
また、自分のまつげが伸びることでまつげエクステの方向が曲がってしまったり、よれてしまったりすることもあります。

まつげエクステは、定期的なメンテナンスを行うことにより、いつもキレイな状態をキープすることができます。

具体的には、2週間から4週間ごとに、取れかけてしまっているまつげエクステをはずし、隙間の空いてしまった箇所に、まつげエクステを足していくメンテナンスをする事により、いつもキレイな、まつげエクステ状態を維持できます。

通常は全てはずして付け替えるわけではありませんが、メンテナンスまでの時間が空いてしまった場合などは、全て取り外して、装着しなおす場合もあります。

まつげエクステのはずし方

まつげエクステは、強力なグルー(接着剤)で装着させています。引っ張ったり無理にはずそうとすると自分のまつげまで抜けてしまったり、切れてしまったりするので、必ず1本ずつ専用のリムーバーを使ってはずしていきます。
まつげエクステオフ

まつげエクステオフ

最近では自分でまつげエクステを装着する人もいるようですが、まつげエクステのグルー(接着剤)やリムーバーは目の中に入ると大変危険なので
、資格を持った施術者が居るまつげエクステサロンで目を閉じての施術をおすすめします。

1度に全てのまつげエクステを付け替える必要はありません。根元が取れかけてしまっているものや、接着面が浮いてしまっている物のみを、プロの施術者に見極めてメンテナンスしてもらいましょう。

まつげエクステのメンテナンスの時期

まつげは日々成長しています。まつげは生まれてから伸びて抜け落ち、また新しい毛の準備にかかるサイクルで生え変わっています。この生え変わりをヘアーサイクル(毛周期)といいます。生まれてから毛が伸びるまでを成長期、抜け落ちるまでの期間を退行期、新しい毛の準備をしている時期を休止期といいます。

まつげエクステと一緒にまつげが抜け落ちる場合は、退行期のまつげだったと考えられます。成長の期間は1~2ヶ月といわれています。そして成長初期のまつげは抜け落ちるまで日々伸びているため、まつげが伸びるのにあわせて装着したまつげエクステの方向が曲がってしまったり、よれてしまったり、根元が浮いてきてしまう事が起きるのはこのためです。

まつげエクステを装着したグルー(接着剤)が取れてしまうことだけが、まつげエクステが取れてしまう原因ではないのです。まつげエクステのメンテナンスはヘアーサイクルに合わせて2週間から4週間ごとが良いといわれるのはこのためです。


まつげエクステを長持ちさせるポイント記事

  1. まつげエクステを長持ちさせるメンテナンス方法
  2. まつげエクステを長持ちさせるクレンジングのやり方
  3. まつげエクステを長持ちさせるアイメイク&マスカラ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。