食べなきゃ損損!極旨 豆腐チーズケーキ

カテゴリー:ケーキチーズケーキ

 

炊飯器で本格的なケーキ作り♪

豆腐が入ってるとは信じられないくらい、濃厚で上等な味わいのチーズケーキです。 最初に紹介するのは、ケーキ作りに手馴れた人のための作り方を、 料理初心者でも作れる、混ぜるだけのレシピを、次のステップで紹介します。

豆腐チーズケーキの材料(5合炊き炊飯器用

豆腐チーズケーキの材料
L3コ
グラニュー糖 (又は砂糖)  80g
クリームチーズ 150g
木綿豆腐 150g
牛乳 70cc
ブランデー (ウイスキーでも可) 小さじ1
レモン汁 大さじ1
薄力粉 40g
仕上げ用
あんずジャム 大さじ1
レモン汁 小さじ1
超簡単な作り方の豆腐チーズケーキ材料
クリームチーズ 150g
木綿豆腐 150g
M3コ
牛乳 70cc
グラニュー糖 (又は砂糖)  70g
ブランデー (ウイスキーでも可) 小さじ1
レモン汁 大さじ1
薄力粉 40g
仕上げ用
あんずジャム (なければマーマレードでも良い)大さじ1
レモン汁 小さじ1

豆腐チーズケーキの作り方・手順

豆腐チーズケーキの作り方

1:

クリームチーズを室温にする。豆腐を電子レンジ(600W)で40秒加熱し、キッチンペーパーで包んで水を切る。内釜に薄くサラダ油(分量外)をぬっておく。

2:

手を長く入れてられない位の温度の湯で湯煎しながら、ハンドミキサーで卵と砂糖を泡立てる。

3:

卵液が体温ぐらい(40℃程度)に温まったら湯煎をはずし、生地で書いた文字が消えない位もったりするまで泡立てる。  

4:

ハンドミキサーを洗わずに、別のボウルでチーズをよく混ぜ、豆腐を加え、なめらかになるまで混ぜ、牛乳を加えて混ぜ、ブランデーとレモン汁を混ぜる。 手順3~4に移るまでに時間が空くと、せっかくの泡が消えてしまいますので、手早く作業する自信がない場合は、チーズと豆腐を混ぜる方を早くやった方が良いです。その際は、ハンドミキサーは洗って、油気を落としてから卵を泡立てます。

5:

小麦粉をふるい入れ、中速で粉っぽさがなくなる程度に混ぜる。

6:

5のチーズ豆腐生地に、3のホイップ生地を、1すくい加えてゴムベラでよく混ぜ、残りを加えて鍋底をすくい上げながら、切るように混ぜ合わせる。 

7:

内釜に流し入れ、普通に炊く。

8:

炊けたら網の上に取り出す。 このケーキは、焼き立てはふくらみますが、冷めると沈みます。

9:

あんずジャムを電子レンジで温め、レモン汁を混ぜ、ケーキが熱い内にぬる。 ジャムが固いようなら湯を少量加えて伸ばすか、レモン汁を増やしてください。

10:

豆腐が入ってると言わなければ、気付かれることはないでしょう。食べれば、口の中に、濃厚なチーズがとろけて溢れます。(本日使用したクリームチーズはオーストラリア産です。)

超簡単な作り方の豆腐チーズケーキの作り方

11:

クリームチーズを室温にする。豆腐をキッチンペーパーで包み、30分ほど水切りする。内釜に薄くサラダ油(分量外)をぬっておく。

12:

ハンドミキサーで、ボウルに入れたチーズをなめらかになるまで混ぜ、豆腐を加えてなめらかなクリーム状にする。次に卵を1個ずつ加えながら混ぜ、砂糖、牛乳を加えて混ぜ、ブランデーとレモン汁を加えて混ぜる。  

13:

小麦粉をふるい入れ、中速で粉っぽさがなくなるまでかき混ぜる。  

14:

内釜に流し入れ、普通に炊く。  

15:

炊けたら網の上に取り出す。

16:

熱い内に、あんずジャムを電子レンジで温め、レモン汁で伸ばしたものをぬる。  

17:

前ページのケーキと、材料は殆ど同じ(砂糖の量と卵の大きさが微妙に違う)なのですが、このページのケーキの方が固くしっかりしていて、豆腐の味が感じられます。デザートというよりも、ワインや洋酒のおつまみに良さそうです。味と見た目は前ページの方が2倍上等ですが、作り方はこちらの方が10倍簡単です。味も、前ページのものと比べなければ上出来だと思います。

ガイドのワンポイントアドバイス

味と見た目は ヨーグルトチーズケーキに似ていますが、豆腐チーズケーキの方が、バターを使ってないのに濃厚な味わいです。豆腐が入ってると言わなければ気付かれないと思います。作り方も似てるのですが、ヨーグルトチーズケーキの方は卵を別立てで泡立て、豆腐チーズケーキは共立てにしました。焼き立てはふっくら膨らみますが、だんだん沈んで嵩が減ってきます。「ならば泡立てなくてもいいんじゃない?」との疑問の声に応えるために、泡立てない作り方をしてみました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。