小松菜とこんにゃくと豚肉の炒め煮

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかず炒め物

 

食物に元気をもらって、体力回復!

残暑でバテバテの家族のために、 カロテン、カルシウム、鉄、ビタミンCを多く含み、貧血に効き目がある小松菜と、便秘に効くこんにゃくと、疲労回復に効くビタミンB1を多く含む豚肉を一緒に炒め煮にしました。※鉄分が吸収されるときはビタミンCが必要です。ビタミンB1は硫化アリルを含む食品(ネギ、ニラ、にんにく等)と一緒に摂ると吸収がよくなります。

炒め煮の材料(4人分

炒め煮の材料
小松菜 1束
豚肉 (薄切り)100g
こんにゃく 1枚
だし (水+顆粒だし少々で良い)50cc
砂糖 大さじ1と1/3
大さじ1
醤油 大さじ2
サラダ油 大さじ1
七味唐辛子 少々

炒め煮の作り方・手順

炒め煮の作り方

1:

こんにゃくは厚さ5ミリの一口大に切り、沸騰した湯でゆがいてザルに取る。 小松菜は洗って5cmほどに切る。豚肉は2センチ位に切る。鍋にサラダ油を熱し、豚肉を炒め、白くなったらこんにゃくと小松菜を入れて炒める。

2:

しんなりしたらだし汁、酒、砂糖、しょう油を加えて落し蓋をする。 煮立ったら弱火にして煮る。

3:

3分ほど煮たら味見して味を調え、火を止める。蓋をしたまま冷まして味を含ませる。 このとき、味見するのは煮汁です。これくらいの味加減が、冷めるとこうなるんだという事が分かったら、その記憶を次回に活かします。

4:

器に盛り付けて七味唐辛子をふりかける。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。