涼感レシピ、うなぎと梅の冷やし茶漬け

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物お茶漬け

 

ひんやり涼感のお茶漬けでエコ&夏バテ解消!

エアコンに頼りがちな季節ですが、食事で「涼」をとり入れれば、身体の中からクールダウン。また、お茶漬けに氷を浮かべれば、見た目も涼やか。これでエアコンのスイッチオフと、ちょっぴりエコにつながれば、嬉しいですね。

食欲減退の夏は、のど越しの良い食事でもいいから、栄養を摂ることが大切です。ただし、冷たい分、生姜で身体を温め、代謝をアップさせましょう。そして、梅干で食欲を刺激し、うなぎでスタミナをつけましょう。身体のリズムを整え、バランスを立て直せば、夏バテも解消できます! なお、「うなぎと梅干」の食べ合わせが悪い、というのは迷信です。梅干はうなぎのコッテリ感を緩和し、平たんになりがちな、お茶漬けのアクセントにもなります。是非加えてくださいね。

うなぎと梅の冷やし茶漬けの材料(2~3人分

冷やし茶漬けの材料
うなぎ 1枚
梅干 1~2個
ご飯 2~3膳分
生姜 1/2かけ
大葉 3~4枚
醤油 大さじ1
はちみつ 大さじ1/2
大さじ1と1/2※醤油、はちみつと同量分。
番茶 適量 ※ほうじ茶やウーロン茶でも。
適量 ※お好みで。

うなぎと梅の冷やし茶漬けの作り方・手順

冷やし茶漬けの作り方

1:

うなぎは食べやすいサイズに切ります。梅干は種をとり、たたきます。生姜は皮をむき、千切りにします。大葉も同じく千切りにします。
番茶は予めいれて冷やしておくか、濃いめにいれて氷で冷やします。
ほうじ茶やウーロン茶でも、お好みで。

2:

ごはんをザルに入れ、さっと水で洗います。

3:

フライパンにうなぎを並べ、その上から醤油、はちみつ、酒をふりかけます。ふたをして、中~弱火で約2分温めます。
醤油、はちみつ、酒はあらかじめ合わせておくと楽です。 はちみつが入るので、火加減に注意してください。時間は目安です。

4:

器にごはんを盛り付け、生姜を散らします。うなぎを盛り付け、番茶を注いだら、梅と大葉をトッピングします。
氷を浮かべれば、より涼やかに。

ガイドのワンポイントアドバイス

【簡単うなぎ(蒲焼)のたれの作り方】添付のたれも便利ですが、身近な調味料でも手軽に代用できます。配合も簡単で、醤油とはちみつを、2:1の割合で混ぜるだけです。蒲焼もこのたれで美味しくできます。フライパンでうなぎを温める際は、醤油とはちみつ、それと同量の酒をうなぎにふりかけ、ふたをして中~弱火で約2分。これで身もふっくら、香ばしく仕上がります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。