15分レシピ 深川めし風簡単あさり丼

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

人気の深川丼も15分で簡単!

あさりは春と秋に身がふっくら、旬をむかえます。あさりの旨味で料理がとびきりになることは言うまでもなくですが、今回は油揚げをプラスして、動物性と植物性の組み合わせで、さらに美味しさアップ。そして、あさりだけだとさびしくなりがちな具も、油揚げで上手にボリュームアップがはかれます。

醤油味の炊き込みごはんを「深川めし」、味噌味のぶっかけ飯を「深川丼」との区別もあるようですが、今回は醤油ベースの煮汁にとろみをつけた、変わり深川丼をご紹介します。あさりの美味しい季節、是非お試しくださいね。

深川めし風簡単あさり丼の材料(2人分

あさり丼の材料
あさり (むき身)100g~※殻付きで約200g。
油揚げ 1枚
ねぎ 1/2本
醤油 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1
200cc
片栗粉 (水溶き片栗粉)片栗粉小さじ1:水小さじ2
ご飯 丼2杯分
※ねぎは九条ねぎやワケギだったら2~3本が目安。

深川めし風簡単あさり丼の作り方・手順

あさり丼の作り方

1:

あさりのむき身はさっと洗い、水気を切ります。ねぎは斜めにスライスします。油揚げは小さめの短冊切り(もしくは粗みじん切り)にします。

油分が多めの油揚げを使用する場合、あらかじめ熱湯を回しかけ、油抜きをしてください。
【あさりの砂抜き】良く洗った貝を平らなバットに並べ、3%濃度の塩水(水300cc+塩9g・小さじ2)をひたひたになるよう注ぎ、2時間ほどおきます。

2:

鍋かフライパンに、水、醤油、酒、みりんを入れ、あさり、油揚げを加えたら、中火で4~5分煮ます。

あさりの臭みが気になる場合、生姜のすりおろしを少々加えても。
【めんつゆ代用法】醤油大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1はめんつゆ(三倍濃縮)大さじ3で置き換えることができます。

3:

ねぎを加え、もう1~2分煮ます。水溶き片栗粉を加え、とろみをつけます。
飾り用に青い部分を少々残しても。

4:

丼にご飯を盛り付け、ねぎを散らして出来上がりです。お好みで山椒や七味唐辛子をふっても、美味しくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。