10分でうれしい! カツ丼弁当

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

10分でうれしい! カツ丼弁当

働き盛りの男性や、ぐんぐん成長している男の子、スポーツ大好きな女の子など、栄養をつけて欲しいお弁当が作りたい時にも役立つカツ丼弁当は、とっても短時間で仕上がるスグレモノお弁当です。

また、とんかつやごはんを「ハーフサイズ」にして作ればカロリーを気になる女性もサラダと一緒に持参すれば、満足感たっぷりの手作りカツ丼を楽しむことができますね。
●レタスがしなびるのを防ぐため、ごはんを先にお弁当箱に詰めて、粗熱をとってからレタスを敷きましょう。
●特に冷凍のとんかつを揚げるときには、油のハネが多くなるので、余分な氷がついていたら必ず落として、そおっと油の中にいれます。

調理スタート  
↓ 容器にごはんを詰める
↓ 野菜を切る
5分
↓ 豚肉に衣をつけて揚げる
8分
↓ ごはんに豚カツをのせてソースをかける
完成
 

【関連記事】
弁当箱のおすすめ人気ランキング10選|使用環境に合った1年中使いやすいものを
曲げわっぱ弁当箱のおすすめ人気ランキング8選|天然素材ならではの性能が魅力
保温弁当箱のおすすめランキング10選|温かさのカギは「保温効力」

カツ丼弁当の材料(1人分

とんかつの材料
豚肉 (豚カツ用の肉)2枚
少々
こしょう 少々
小麦粉 適宜
適宜
パン粉 適宜
カツ丼の材料
ご飯 どんぶり1杯分
レタス 1枚
レモン 1/8個
豚カツソースの材料
ウスターソース 大さじ1
ケチャップ 大さじ1/2
からし (和からし)お好みで

カツ丼弁当の作り方・手順

とんかつの作り方と保存方法

1:

豚肉は麺棒などで叩いて軽く伸ばす
麺棒にラップをまいて叩くと汚れず便利です。

2:

赤身と脂肪の境に数箇所切りこみを入れ、両面に塩コショウをする

3:

小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつける

4:

冷凍する場合は、一枚ずつラップをし、冷凍庫に入れる。
使うときは冷凍のまま揚げることもできます  冷凍保存した豚カツは1週間以内で使ってください。

カツ丼の作り方

5:

レタスは洗い、水気を拭き取って千切りにする

6:

ソースの材料をすべて合わせてよく混ぜる

7:

衣をつけた豚カツを170度の油で3分ほど揚げ、油を切る

8:

お弁当容器にごはんを詰め、6のソースを少々ごはんにたらす

9:

5のレタス、1cm幅に切った豚カツ、串切りにしたレモンをのせて、豚カツソースをかける
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。