パパッと乳酸キャベツ風!即席ザワークラウト煮

カテゴリー:サブのおかず煮込み

 

たっぷりキャベツのザワークラウト

キャベツを半個を贅沢に使って作る、即席ザワークラウト。今人気の「乳酸キャベツ」も気になるけど、じっくり寝かせる時間がない…そんな方は、キャベツたっぷりのこちらのレシピはいかがでしょう? 本来ならキャベツを長時間漬けて発酵させて作るザワークラウトですが、今回は簡単に酢で煮込みます。時間がある時に、2食分ほどまとめて作って冷蔵庫に入れておき、食べる分だけ鍋に取り分けて、ウインナーやチキン、あるいはじゃがいもと一緒に煮込むといいです。冷たいまま、サラダやお漬物代わりに食べてもおいしいです。

ソーセージのザワークラウト煮の材料(4人分

ソーセージのザワークラウト煮の材料
キャベツ 1/2コ
ベーコン 40g
50cc
白ワイン 50cc
スープの素 固形スープ1/2個 +水100cc
2つまみ程度
ブラックペッパー 少々
バター 15g
ソーセージ 人数分
粒マスタード 適量

ソーセージのザワークラウト煮の作り方・手順

ソーセージのザワークラウト煮の作り方

1:

キャベツは粗い千切り。ベーコンは細く切る。

2:

鍋にバターを熱し、ベーコンを炒め、キャベツを炒め、しんなりしたら塩、こしょう、スープ、酢、ワインを加える。煮立ったら蓋をして弱火で30分煮る。

3:

30分間煮たキャベツ。 これで即席ザワークラウト完成。

4:

ザワークラウトの上にソーセージをのせて煮る。ソーセージが熱々になれば出来上がり。
残ったキャベツは冷まして冷蔵庫で保存。

5:

皿にキャベツを敷き、ソーセージをのせ、マスタードを添える。パンのお供に ビールや洋酒のおつまみに。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。