アマレットを使ったゴッド・ファーザー

カテゴリー:、カクテル

 

恋する人を思う心からできたリキュール「アマレット」

あんずの核から抽出したエキスにハーブをブレンドしたアマレットは、イタリア人の大好きな味わい。アマレットはイタリア語で「ちょっと苦い」という意味。そしてこのアマレットですが、とっても素敵なラブロマンスがあるのです!

イタリアを観光する時に訪れた方も多いかと思われますが、イタリアはミラノのあるロンバルディア州のサローノという町のサンタ マリア デッレ グラッツィエ教会(Santa Maria delle Grazie)のフレスコ画を描いたベルナルディーノ・ルイーニという画家がいました。それは1525年、聖母マリアのフレスコ画を描いていた時のこと、描くために泊まっていた宿の女性主人にすっかり惚れ込んでしまい、その女性をマリア象のモデルとして描いたそうです。戦争で夫を亡くした未亡人のその女性は、彼女の愛情を返そうと甘くてちょっと苦いリキュールを彼にプレゼントしたのです。

このレシピが復元され、現在のアマレットとしてイタリアだけでなく、全世界の人々に知れ渡るようになりました。今回はこのロマンティックなアマレットがちょっとハードボイルドになったカクテルをご紹介します。まさにあのマフィア映画のゴッドファーザーを記念して作られたカクテルです。

カクテル ゴッド・ファーザーの材料(1人分

ゴッド・ファーザーの材料
アマレット 5ml
ウイスキー (スコッチウイスキー)45ml
適量

カクテル ゴッド・ファーザーの作り方・手順

ゴッド・ファーザーの作り方

1:

グラスに氷を入れ、アマレットとスコッチウイスキーを加えてマドラーで混ぜ合わせる。 個人的には料理よりも食後にビターなチョコレートとの相性抜群だと思います。 ドライフルーツなども美味しくいただけます。

2:

スコッチウイスキーをウォッカに変えるだけで「GOD MATHER」というカクテルになります。お好みで楽しんで下さい!

かなりアルコールが強いので、好みでさらにコーラ-で割っても美味しくいただけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

リキュールとして飲料だけでなく、ティラミスなどのお菓子作りにも最適のリキュールです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。