ソーセージの入ったペンネアラビアータ

所要時間:20分

カテゴリー:パスタペンネ

 

定番のアラビアータにお好みの素材を加えて

イタリア料理の定番中の定番が、ペンネ・アラビアータ。アラビアータとは、「怒った(arrabiata)」という意味。つまりちょっと熱くなるパスタという意味で、唐辛子が効いているのがポイントです。これは鷹の爪、にんにく、トマトを中心に作られますが、家庭によってはオリーブを入れたりしてお好みのアラビアータが楽しまれています。そのままでも美味しいアラビアータですが、今回はアラビアータに粗引きソーセージを入れましたが、お好みでタコやイカ等の魚介類からオリーブなどでも美味しくいただけます。その日の気分でトッピングを変えてお召し上がりください。

ペンネアラビアータの材料(2人分

ペンネアラビアータの材料
ペンネ 180g
ニンニク 1片
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2杯
ひとつまみ
トマト水煮缶 1缶
ソーセージ 3~6本(粗引き)
バジル 大2枚
赤唐辛子 鷹の爪1本

ペンネアラビアータの作り方・手順

ペンネアラビアータの作り方

1:

鍋にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ、弱めの中火にかける。

2:

オリーブから泡が出てくるようにふつふつしてきたら、半分に切ったソーセージを入れ、オリーブオイルに馴染ませる。※この時、ソーセージの皮目を焦がさないように注意する。

3:

トマト缶を入れ、塩をふり、弱めの中火で10分程煮込む。その間にたっぷり目の塩をした湯でペンネをアルデンテに茹でる。

4:

パスタが茹で上がる2分前くらいに、手でちぎったバジルを入れる。

5:

アルデンテに茹で上がったペンネをソースの鍋に入れ、満遍なくソースが絡むように和えて、皿に盛る。お好みでパルミジャーノを添える。

6:

刺激が強いのがお好きな方は、更に粉唐辛子を!

ガイドのワンポイントアドバイス

にんにく、鷹の爪は焦がさない様に注意しながら火にかけてください。より辛いものがよい場合は、皿に盛った後、粉唐辛子(チリパウダー)を添えて下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。