火いらず10分、ネバとろマグロユッケ丼

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

マグロユッケ丼のレシピ

休日の遅い朝のブランチは、ささっと簡単に作りたい。ヘルシーで、しかも栄養もしっかり摂れるなら、なおうれしい。それならこのおどんぶりがおすすめです。ネバネバのオクラや長芋、コチュジャンで和えたマグロの赤身、うずら卵を添えて、あっという間にできあがり。オクラは、電子レンジで下ゆでするので、ご飯さえあれば、火を使うことなく10分以内でできちゃいます。

マグロユッケ丼の材料(約1人分

マグロユッケ丼の材料
マグロ 50g(赤身)
オクラ 3本
長芋 5cm程度
うずらの卵 1コ
ご飯 どんぶりに軽く1杯
コチュジャンソース
コチュジャン 小さじ1
醤油 小さじ1強
はちみつ 少々
ごま油 小さじ1/2
白ごま 少々
※お好みで、韓国海苔

マグロユッケ丼の作り方・手順

マグロユッケ丼の作り方

1:

オクラは塩少々(分量外)で板ずりしたら水で塩を流し、たっぷり水にぬらしたままで軽くラップをして電子レンジで約30~40秒加熱します。加熱後すぐに水にさらし、水気を切ってヘタを落として小口切りにします。長芋は皮をむいてさいの目切りにします。

2:

マグロは角切りにし、上記のコチュジャンソースの調味料とよく和えて味付けします。

3:

どんぶりにご飯をよそり、切ったオクラや長芋、味付けしたマグロをのせ、最後にうずらの卵を添えます。お好みで、韓国海苔をちらしてもおいしくいただけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

コチュジャンは、それぞれ甘みや塩加減が違います。味を見ながら、お好みの味付けに調節してください。はちみつがない場合は、砂糖で代用してください。うずらの卵がないときは、鶏卵の黄身で。もっと濃厚な味わいになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。