バルセロナでフラメンコを観よう!

タブラオ・デ・カルメンのフラメンコショー。約1時間半のショーはあっという間に終わってしまう

タブラオ・デ・カルメンのフラメンコショー。約1時間半のショーはあっという間に終わってしまう

フラメンコ発祥の地アンダルシア地方より隣国フランスに近いため、「フランスナイズ」されているバルセロナですが、スペイン一の観光都市の誇りをかけて上質のフラメンコが楽しめます。

美術館内でフラメンコ鑑賞

ダンス

天井が高く音楽が心地よく響く宮殿内でフラメンコ

2011年にオープンしたMEAM(Museu Europeu d'Art Modern)というヨーロッパモダンアート美術館内で、なんとフラメンコが楽しめます。6~9月と限定されているのが残念ですが、毎週木曜日午後18時から1時間みっちり、極上のフラメンコに浸れます。通常フラメンコは夜もう少し遅くから開演されることが多いのですが、ここでは17時30分に入場可能。早いもの勝ちで好きな席に座り、すぐにタパスとドリンクが出されます。

タパスはチーズ、スナック2種、チェリートマト、サラミ、オリーブがセットになったもので、ドリンクは赤白ワイン、スパークリングワイン、ビールのほかジュースも揃います。

18世紀の宮殿を改築した美しい建物が美術館になっており、フラメンコが見られるのは館内2階の真ん中にある一室。作品も飾られる優美な場所でフラメンコが鑑賞できるのはここだけでしょう。シャビエル、マルコス、カロリーナ、アルベルトというバルセロナ出身の若者たちが迫力あるショーを見せてくれます。ダンサーのカロリーナは3度も衣替えをし、衣装のどれもがモダンで個性的。

美術館

絵画や彫刻など多くの作品が大きくて迫力がある

フラメンコ鑑賞と同時にヨーロッパ出身の芸術家たちによる現代アートが鑑賞できるのもお得。4階建ての建物にみっちりと彫刻、絵画、写真などが飾られています。美術館、タパスにドリンクがついて24ユーロ。価格もとても魅力的。場所はピカソ美術館のすぐ近くです。ボルン地区観光と兼ねて、是非お立ち寄りください。ちょっと異なる雰囲気で極上のフラメンコが楽しめます。

<DATA>
MEAM Flamenco (ヨーロッパ現代アート美術館内フラメンコ)
住所:Balla de Ferro 5, Barcelona
TEL:(34) 93 319 5693
アクセス:地下鉄4番線Jaume I駅より徒歩5分
開催時間:17:30~19:00
開催日:6~9月の木曜

食事をしながら鑑賞! エル・タブラオ・デ・カルメン

モンジュイックの丘のスペイン村と言う、モンジュイックの丘にあるスペイン各都市の街並みを再現したテーマパーク内にあるタブラオ。チケットには18時以降入場可能なスペイン村の入場料も含まれているので、早めに行ってスペイン村観光も楽しんでは? スペインを周遊したような気分になれます。約10人ものアーティストが、それぞれ独特のパフォーマンスを代わる代わるみせてくれます。食事しながらショーを鑑賞できるのも嬉しい。

<DATA>
El Tablao de Carmen(エル・タブラオ・デ・カルメン)
住所:Av.Marqués de Comillas s/n Poble Espanyol de Monjuïc
TEL:(34)93 325 6895
アクセス:地下鉄1、3番線Plaza Españaより徒歩約20分
開催時間:19:30~、22:00~
料金:1ドリンク付き35ユーロ、タパス5皿とドリンク、デザート付き45ユーロ、3皿とドリンク、デザート込みのディーナー付き69ユーロ

7ユーロで楽しめる! ロス・タラントス

バルセロナの街の中心、ランブラス通りに面したレイアール広場の一角にある1963年オープンの老舗のタブラオ。2004年にコンセプトリニューアルしてからは若手が活躍するタブラオとなりました。ショーの時間は30分と短いですが、鑑賞料はなんとたったの7ユーロ。滞在中何度もリピートできる嬉しいプライスですね。

<DATA>
Los Tarantos(ロス・タラントス)
住所:Plaça Reial 17
TEL:(34) 93 319 1789
アクセス:地下鉄3番線Liceuより徒歩5分
開催時間:毎日20:30~、21:30~、22:30~
料金:7ユーロ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。