バルセロナで靴を買おう!

靴

試着の際は、手荷物から目を離さないように気をつけて。写真はカンペールの靴

スペイン土産としてもおすすめしたい革製品。スペインでは伝統工芸として昔から盛んです。加えてスペインのファッションデザインは近年世界で注目されています。そこでバルセロナ旅行で是非覗いてほしいのが、靴屋さん! いろんなメーカーの靴が集まるセレクトショップや、手作りシューズの店などもありますが、ここでは世界的に人気のスペイン人デザイナーのショップから、バルセロナ郊外の老舗メーカーまで、異なるタイプのブランドショップを4店あげてみます。メイド・イン・スペインのシューズとして有名なカンペールについてはこちら>>>カンペール

丈夫な革ブーツなら パナマジャック

パナマジャック

雪道も雨の日も安心のガッチリブーツ。ウェブサイトには靴の手入れの仕方も書かれている

一生使える丈夫な革ブーツならこのメーカー。アウトドア好きの人はもちろんジーンズなどカジュアルなパンツスタイルが好みの方におすすめです。昔から革靴の製造で有名なバレンシア州アリカンテにて、1つ1つ手作りされています。靴底ががっちりしたショートブーツが定番ですが、女性用にはヒール付きのものなどフェミニンでかわいい感じのものも。1989年創立比較的とまだ新しいメーカーですが、スペイン国内では誰もが知る存在。インディ・ジョーンズ風のハットを被った冒険者のロゴが目印です。価格は大体150ユーロ前後。この質でこの価格はお買い得だと思います。

<DATA>
Panama Jack(パナマ・ジャック)
住所:Rambla de Catalunya 98 bis Barcelona
TEL:(34) 932723340
営業時間:10:00~21:00
定休日:日曜、祝日

スペイン人デザイナーのセレブご用達靴 マノロ・ブラニク

マノロ

ハリウッドセレブにも大人気のブランド。スペインの直営店はバルセロナ1店、マドリードにはさらに大きい店舗が1店

ロンドンを拠点に世界で活躍するシューズデザイナー、マノロ・ブラニク。アメリカの人気ドラマ「セックス・イン・ザ・シティ」でファッションジャーナリストの主人公が愛用していた靴として、一世を風靡しました。デザイナーのマノロ・ブラニク氏は、スペインのカナリア諸島出身なのです。小さな店内にはファッショナブルな女性用の靴がずらり。そのユニークなデザインと斬新な色使いは、間違いなくスペイン人のパッションが影響しています。価格は300ユーロ~と高めですが、手にとってみたり試着だけでも価値ありでしょう。

<DATA>
Manolo Blahnik (マノロ・ブラニク)
住所:Passeig de Gràcia 34 Barcelona (マンダリンオリエンタルホテル内)
TEL:(34)934879131
営業時間:10:00~20:00
定休日:日曜、祝日

カジュアルなお洒落靴 ヴィアリス

ヴィアリス

手頃な価格のお洒落シューズばかり。気軽に試着できる雰囲気も嬉しい

1996年にバルセロナのボルン地区に創立したハンドメイドシューズのメーカー。今もなお伝統工芸として革のサンダルが名産のメノルカ島で技術を習得した職人が始めたそうです。今ではバルセロナに9店、マドリードに4店もある有名メーカーになり、革靴の名産地方であるバレンシア州に工場を構えます。靴底が木の木靴で有名ですが、スニーカー、サンダル、ブーツなど何でも揃います。女性用がメインですが、男性用にはスニーカーもあり。価格は100ユーロ前後。キラリと個性が光るカジュアルシューズがみつかります。

<DATA>
Vialis (ヴィアリス)
住所:Vidriela 15 Barcelona
TEL:(34) 933199491
営業時間:10:30~21:00
定休日:日曜、祝日

男女兼用スニーカー ムニック

ムニック

春夏モデル、秋冬モデルと年に2回商品は総入れ替え。秋冬にはブーツ風のものも

お洒落な男子がみんな履いているXマークが目印のスニーカー。男女兼用で、子供用もあります。下記に住所を記載している直営店には、コットン、牛革、スエードなどいろんな生地の様々なスニーカーが並びます。1939年にバルセロナ郊外に、フットサルやボクシングなどのスポーツシューズメーカーとして「ベルナダ」という名で創立、その後名前を変え1999年からスポーツシューズ以外のスニーカーも導入して路線を変更し、大人気に。今では国内で300店以上ある大手メーカーです。

<DATA>
Munich (ムニック)
住所:Antic de Sant Joan 4 Barcelona
TEL:(34) 93 3199608
営業時間:11:00~21:00
定休日:日曜、祝日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。