幼児におすすめの学習マンガを紹介

幼児におすすめの学習マンガを紹介


マンガは、子どもに悪い影響を与えると言う方もいらっしゃいます。確かに、子どもに見せない方がいい…というより、むしろ、見せてはいけないマンガもあります。私達が子どものころと違って、子ども向けの雑誌にこんなマンガが載ってるの?と、目を疑いたくなるようなものもあります。

しかしながら、感動を与えてくれたり、さまざまなことを考えさせてくれたり、知識を増やしてくれたり、子どもに良い影響を与えるマンガもたくさんあります。

また、かの養老 孟司氏と牧野 圭一氏の対談による「マンガをもっと読みなさい―日本人の脳はすばらしい」でも脳機能をフル回転させるというマンガの長所を強調しています。

今回、楽しく勉強できる学習マンガをご紹介したいと思います。
   

幼児・子どもにおすすめの漫画:キャラクターシリーズ

幼児にお勧めのキャラクター漫画

幼児にお勧めのキャラクター漫画


副教科まであり、とても充実しています。

■ ドラえもんの学習シリーズ<小学館>
 

 

国語「言葉の力がつく」「読解力がつく」‥
算数「面積・体積がわかる」「分数/小数がわかる」‥
理科「天体がわかる」「力と電気/音/光がわかる」‥
社会「日本の歴史がわかる」「地図がよくわかる」‥
英語「ドラえもんのまんがで覚える英語辞典 」
体育「てつぼう/とびばこができる」「水泳が楽しくできる」‥
図工「絵とデザインがとくいになる」「イラストがじょうずに描ける」‥
音楽「楽ふがよめる」「ピアノと歌がじょうずになる」

■かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ<朝日新聞出版>

今、大人気の科学漫画シリーズ
 

 

生物「昆虫世界のサバイバル」
人体「人体のサバイバル」
技術「ロボット世界のサバイバル」
宇宙「宇宙のサバイバル」
地球「深海のサバイバル」
自然「自然史ミュージアムのサバイバル」
災害「地震のサバイバル」

■ 名探偵コナン推理ファイル 小学館学習まんがシリーズ<小学館>
  「地球の謎」「環境の謎」「日本史の謎」「昆虫の謎」「恐竜の謎」など理科と社会が中心の学習マンガ。

■ちびまるこちゃんの満点ゲットシリーズ<集英社>

「作文教室」 「敬語教室」「ことわざ教室」「四字熟語教室」「慣用句教室」など国語の学習マンガ。
 

幼児・子どもにおすすめの漫画:伝記

幼児におすすめの伝記漫画

幼児におすすめの伝記漫画


■ 学習漫画  世界の伝記 <集英社>
  「福沢諭吉」「坂本龍馬」「エジソン」「アインシュタイン」「キュリー婦人」など日本と世界の偉人の伝記。

■ 学習まんが人物館 <小学館>
  「スティーブ・ジョブズ」「マザー・テレサ」 「杉原千畝」 「本田宗一郎」 「藤子・F・不二雄」など幅広いジャンルの偉人の伝記

■学習漫画 世界の伝記NEXT<集英社>
  「松下幸之助」「安藤百福」「オードリーヘプバーン」など新鮮なラインナップ。
 

幼児・子どもにおすすめの漫画:歴史(日本史や世界史)

幼児におすすめの歴史漫画

幼児におすすめの歴史漫画


■ 学習まんが―少年少女日本の歴史 <小学館>
  「日本の誕生」から「現代の日本」まで21巻と別巻「人物事典」「史跡・資料館事典」の全23巻。

■ 世界の歴史 学習漫画 <集英社版>
  「エジプトとメソポタミアの繁栄 : 古代オリエント」から 「未来へ踏み出す世界の国々 : アメリカの苦悩とソ連の崩壊」まで全20巻+「人物事典」「できごと事典」の別巻2巻
 

幼児・子どもにおすすめの漫画:ことわざや四字熟語

幼児におすすめのことわざ漫画

幼児におすすめのことわざ漫画


■ ことわざの学習マンガ
 
■ 四字熟語の学習マンガ
   

幼児・子どもの学びには学習マンガを活用しましょう

日頃から親しみを感じているキャラクターが、いつもの口調でわかりやすく説明してくれる学習マンガ。子どもは、その中に引き込まれて行きます

キャラクターシリーズは、苦手意識を持っていた教科克服へのきっかけとして、また、気軽に手にとって勉強できる読み物として、力を貸してくれるでしょう。

伝記物も大変読みやすく、知っていそうで知らないことがたくさんあったことに気付かされます。その人物に興味を持ち、伝記本を読むきっかけにもなるでしょう。歴史物は細かい内容を覚えるのではなく、大きな流れをつかむのに最適です。

ことわざ、四字熟語は読み物として、また、ことば調べに大いに役立ちます。勉強の息抜きに読むのもいいでしょう。

内容も薄っぺらなものではなく、充実しています。マンガだからとバカにはできません。大人が読んでも、ためになり、楽しめます。まだ、ご覧になったことのない方は、一度手にとってみられてはいかがでしょうか。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。