living02

子どもにはリビング学習を。昔から言われていることですが、やり方次第では効果の出ないことも…

「うちの子、なかなか勉強をやる気にならないのよね」
こんな悩みをお持ちの保護者の方はきっと多いと思います。

でもちょっと待って下さい。子どものやる気が出ないのは、もしかしたら保護者の方に原因があるかもしれません。今日はお子様がやる気になる方法について、具体的な5つの方法をお話ししたいと思います。

1. リビングに学習スペースをつくる

リビング学習は昔から言われていることですね。リビング学習をさせる意義はふたつ。一つ目は親の監視の目が行き届く場所に子どもを置き、集中力を持続させること。もう一つは学習チェックを親がすぐに行えることです。

でも、ただやみくもに、リビングで子どもに学習をさせるだけでは、学習の効果はあまり期待できません。リビング学習をやらせる時にはきちんとした下準備が必要になってきます。

まず学習スペースをきちんと確保すること。整理整頓のできていない乱雑なテーブルでは、誰だって気分よく学習できませんね。それに物が乱雑に置かれていると、気が散って集中できません。お客様をお迎えするときのように、きれいに、清潔にしてください。

次に、テキスト・ノート・参考種・辞書・筆記用具などを収納しておく家具を準備しましょう。勉強道具をいちいち自分の部屋に取りに行くのでは、効率が良くありません。リビング学習は一時的なものですので、凝った家具をご用意いただく必要はありません。カラーボックスなどでよいと思います。

そして、これが最も重要なことなのですが、テレビやゲームといった誘惑をできる限り排除しておく必要があります。これは以下の項目で詳しくお話することにいたします。

2. テレビやゲームなどの誘惑はすべて排除

子ども達が学習意欲をそがれる最大の原因は、テレビやゲームといった娯楽の誘惑です。これに勝てる人はなかなかいないでしょう。私も映画が大好きなので、執筆をするときは絶対にDVDのある部屋から離れます。でないと、いつのまにか映画を観ているということになりかねないので。

保護者の方の中には、「私は昼間働いてきているのだから、夜くらいゆっくりくつろがせて欲しい」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。ごもっともなご意見です。しかし子ども達も昼間は学校に行き、夕方からは塾に通い、目いっぱい頑張っています。そこを更に家庭でも学習させようというわけですから、これは大変なことなのです。

それなのに親がテレビなどを見ていたら、子供心に「大人はずるい」と感じる筈です。当然、学習意欲は減衰し、学習効果が薄れて成績が上がらなくなる。悪循環です。

受験生の保護者たるもの、お子様と一緒に多少の娯楽は我慢するべきだと私は考えます。子どもにだけ努力することを強いるのは、どう考えても不公平です。受験が終わるまではストイックな生活を心がけてください。

しかしながら、何でもかんでも我慢しなければならないというわけではありません。子どもは、大人が新聞や雑誌を読んだり、趣味のデコアートやネイルをやったりしていても、不思議なことに「遊んでいる」とは思わないものなのです。ですからテレビを見たりする代わりに、ご自分の趣味の時間を多く取るようにすればいいわけです。ぜひこの機会に、新しい自分を発見してみてはいかがでしょう。