misu02

ミスが多いと成績も上がらないですし、子どももやる気が出ませんよね

私はこれまで、何度か教育雑誌の取材を受けてきましたが、「ケアレスミス」に関する取材が2年に1回くらいのペースで回ってきます。自身がケアレスミスに関する本を出しているということもあるのでしょうが、雑誌の編者者の方のお話では、ケアレスミスの特集をすると売上部数が伸びるのだそうです。保護者の皆さんの「ケアレスミス」への関心の高さがうかがえますね。

人間にはケアレスミスをなくすことはできない?

多くの保護者の方や多くの先生方が誤解していることがひとつあります。それは「ケアレスミスをなくそう」と努力しているということです。ケアレスミスをしないようにあれこれ努力しようとするから、なかなか改善できないのです。スタート地点がそもそも間違っているのです。

人間工学の世界ではケアレスミスは「ヒューマンエラー」と呼ばれ、科学的なメスがかなり入れられ、分析が進んでいます。そしてそれがさまざまな工業製品に応用されています。

たとえば「電子レンジ」は、扉を開けたままだとスタートのスイッチが入らない仕組みになっていますね。これは、扉を開けたままスイッチが入ってしまうと、マイクロ波が電子レンジ庫外に飛び出してきてしまい危険だからです。オートマチック車は、ギアをパーキングに入れ、ブレーキを踏んでいないとエンジンがスタートできない仕組みになっています。これは車の急発進を防ぐ機能です。とてもよくできたシステムだと思いませんか。

ここで皆さんはひとつの事実に気づくでしょう。上記の例はどちらも、ミスを防ぐための機能ですが、ミスを根絶するためではなく、「ミスをしてもいいように」という機能ですよね。たとえミスしても事故が発生しないような仕組みになっているのです。つまり、人間工学の考え方は「人間はミスをするもの」という大前提の上にあるのです。そもそも「ミスをなくそう」とはしていないわけです。

その失点は本当に「ケアレスミス」なの?

もうひとつ誤解されていることがあります。

たとえばお子さんが、テストで計算問題を間違えたとしますね。保護者の皆さんは「なんでこんな計算問題でケアレスミスをするの!」と叱ることが多いのではないですか? 「計算問題で間違える」=「計算ミス」=「ケアレスミス」というふうに考えがちですよね。ところがここにも、ケアレスミスがなくならない大きな要因があります。すなわち、間違えた原因を「ケアレスミス」で片づけてしまって、きちんと原因分析をしていない、ということです。

実は、四則演算などの、大人ならふつう知っているだろう、と思えるようなことでも、子どもはあやふやだったりすることがあるのです。この場合は「ケアレスミス」ではなくて「理解不足」による失点ということになり、単に「ケアレスミスするんじゃありません」と注意を促したところで改善することはありません。

つまり、その間違いが「本当にケアレスミスによるものなのか」を見極める必要があるということなのです。

これらのことを踏まえた上で、次のページでは、ケアレスミスに対処する具体的な方法についてお話ししたいと思います。たった3つのことに気をつけられれば、お子さんの成績は必ず上がります。