共済年金受給額の早見表をチェック!

それでは早見表を見てみましょう。上が平成15年3月まで、下が平成15年4月以降の期間用となります。厚生年金の早見表と見比べると、「職域加算」がある共済年金の優位性がわかると思います。
金額は概算。参考程度に

共済年金の受給額の早見表。金額は概算。参考程度に


共済年金は加入期間「20年」を境に受給額に大きな差が

共済年金と厚生年金、それぞれに加入期間がある場合は、それぞれの制度から加入期間分の年金が支給されますので、それぞれの早見表を確認してみてください。

上記の早見表に加え、場合によって「加給年金」がさらに加わることもあります。

加給年金は加入期間が20年以上(一部短縮措置あり)必要ですし、職域加算も20年を境に乗率が大きく変わります。「加入期間20年」が受給額に大きな差が出るポイントとなることも理解しておきたいですね。

職域加算に代わり創設された「年金払い退職給付」は?

さて、廃止された職位加算に代わり創設された「年金払い退職給付」ですが、内容は、公務員の年金一元化で創設、年金払い退職給付って?を参照ください。

【関連記事】

公務員の年金優遇がなくなる!? 年金一元化とは
公務員の年金一元化で得する人、損する人
公務員の年金一元化で創設、年金払い退職給付って?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。