年金 ガイド 和田 雅彦

わだ まさひこ

年金の専門家である社会保険労務士資格を取得し独立開業。個別相談他、年金問題についての執筆、講演も多数。

得意分野

公的年金|企業年金|人事労務管理|生命保険|ペット保険|講演|執筆

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数213
メディア掲載実績3

ガイドからの挨拶

最近、年金というと、支給開始年齢が遅くなったり、支給額も減ったりと、どんどん受給する側にとって不満の残る改正が続いて、すっかりネガティブなイメージが定着してしまっています。

また「年金は損である」「将来、年金は破綻する」等、不安を煽る報道も多く、年金不信をより一層強くしているように思います。

確かに問題が山積している年金制度ですが、年金が老後の生活を支える大切な収入源であることは間違いありませんし、これは、今後も変わらないはずです。

また、年金は老後の生活を支えることだけでなく、家計の稼ぎ手に万が一のことがあったときの遺族の生活保障や重度の障害になったときの所得保障という役割も持っています。

このように老後の生活保障はもちろんのこと、万が一の際の所得保障という側面もある年金制度について、既に年金を受け取っている世代の方だけでなく、現役世代の方にとっても、年金の真実の姿を知ることはとても大切なことだと考えます。

このサイトでは、老後の生活設計に役立ち、老後が潤いのあるものになるように年金のいろんな知識をお伝えしていきます。

メディア掲載実績

雑誌Financial Adviser
特集「拝見!FPのお仕事」~FPとしてコメント~
2013年05月20日
新聞朝日新聞
コーナー「あなたの安心」~年金のジョーシキ~
2010年12月05日
雑誌愛犬の友
「自分に合ったペット保険の選び方」
2009年10月25日

ガイドの新着記事

  • 年金と失業保険を両方受け取る「裏ワザ」とは

    年金と失業保険を両方受け取る「裏ワザ」とは

    60歳代前半の厚生年金と失業保険は、平成10年4月から両方受け取ることができなくなりました。失業保険をもらう(求職の申し込みをする)と年金が支給停止されてしまいます。しかし、レアケースですが両方受け取れる「裏ワザ」が存在します。

    掲載日:2018年11月14日年金
  • 厚生年金保険料の計算に使う標準報酬月額とは

    厚生年金保険料の計算に使う標準報酬月額とは

    厚生年金保険料は「標準報酬月額×保険料率」で計算されます。標準報酬月額は文字通り「月額の報酬」ですが、給料額とは一致しません。30等級に分かれており、4・5・6月の給料の平均額を該当する区分にあてはめます。なお、報酬には通勤交通費や残業代も含まれます。

    掲載日:2018年11月13日年金