和田 雅彦

年金 ガイド 和田 雅彦

わだ まさひこ

年金の専門家である社会保険労務士資格を取得し独立開業。個別相談他、年金問題についての執筆、講演も多数。

ガイド記事一覧

  • 加給年金とは?もらえる条件と年金額

    加給年金とは?もらえる条件と年金額

    厚生年金に20年(原則)加入した場合、3つの条件を満たせば「加給年金」という家族手当を受け取ることができます。「加給年金」とは、一定の配偶者と子供がいることで支給されます。従って、「家族手当」のようなものです。加給年金の額は加入期間が19年か20年かで大違い。20年の壁はぜひ越えておきましょう。

    掲載日:2018年04月24日年金
  • 年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

    年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

    厚生年金の受給額はいくらでしょう?「加入期間」および「平均年収」で決まります。ただ、厚生年金の年金額は、「加入期間のみ」で決まる国民年金に比べて計算式が複雑です。厚生年金の計算要素には、「加入期間」に加えて「加入期間中の給与の平均」というものがあるからです。自分の年金の計算をしたいのにできない!という声も。そこで、ざっくりとした受給額の早見表を作ってみました。

    掲載日:2018年04月24日年金
  • 寡婦(かふ)年金って一体どんな年金?

    寡婦(かふ)年金って一体どんな年金?

    遺族に対して支給される年金に、寡婦年金という年金があるのをご存知でしょうか? この寡婦年金は、夫が自身の老齢基礎年金を受けることなく亡くなり、妻も遺族年金が受け取れないという「保険料の掛け捨て」の救済としての意味合いがあります。一定の要件を満たした妻に60歳から65歳まで最大5年間支給されます。

    掲載日:2018年04月15日年金
  • 損得を語るのはそもそも間違い?公的年金の本質とは

    損得を語るのはそもそも間違い?公的年金の本質とは

    「現役時代に保険料を積み立てて、リタイア後に受け取るもの」。これが公的年金に対するイメージではないかと思います。しかし実際は、自分の保険料が自分のためでなく、今のリタイア世代の財源となっているのです。イメージとして「町内会の会費」がしっくりきます。公的年金も町内会も「困ったときにはお互い様」という考えが根底にあります。

    掲載日:2018年04月12日年金
  • 年金受給できる年齢は何歳?65歳からは正しい?

    年金受給できる年齢は何歳?65歳からは正しい?

    老後の年金は何歳から受け取れるのでしょうか?自分の受給開始年齢については、案外不明確な方が少なくありません。実際、いろんな経過措置のため、生年月日によって微妙に違います。国民年金の受給開始は法律上は「65歳から」となっており「繰上げ受給・繰下げ受給」をしない限り、65歳から支給と決まっています。厚生年金の受給開始年齢は生年月日によって変わりますので、自分の受給開始年齢を調べてみましょう。

    掲載日:2018年03月16日年金
  • 年金受給者も確定申告が必要?確定申告不要制度とは?

    年金受給者も確定申告が必要?確定申告不要制度とは?

    年金受給者は、「確定申告不要制度」により、公的年金の額が年400万円以下、かつ年金以外の所得金額が年20万円以下なら、確定申告は不要です。ただし、医療費控除や生命保険料控除などで税金の還付を受けるには、確定申告が必要です。

    掲載日:2018年02月18日年金
  • 厚生年金保険料の計算に使う標準報酬月額とは

    厚生年金保険料の計算に使う標準報酬月額とは

    厚生年金保険料は「標準報酬月額×保険料率」で計算されます。標準報酬月額は文字通り「月額の報酬」ですが、給料額とは一致しません。30等級に分かれており、4・5・6月の給料の平均額を該当する区分にあてはめます。なお、報酬には通勤交通費や残業代も含まれます。

    掲載日:2018年02月16日年金
  • 国民年金の「満額」をめぐる2つの勘違いを検証

    国民年金の「満額」をめぐる2つの勘違いを検証

    20~60歳までの40年間、国民年金を納付すると老齢基礎年金が満額支給されます。金額は78万100円(平成27年度)。この「満額」、よく勘違いをされています。思わぬ損にもつながる典型的な2つの勘違いについて、正しく理解しておきましょう。

    掲載日:2018年02月05日年金
  • 年金受給額を簡単早見表でチェック!共済年金

    年金受給額を簡単早見表でチェック!共済年金

    公務員や私立学校の教職員が加入する共済年金。2015年10月に厚生年金に統合され廃止されました。ただ、2015年9月までに共済年金を受け取っている場合は引き続き支給され、官民格差の象徴でもあった「職域加算」についても、統合前の期間分については引き続き支給されます。

    掲載日:2018年01月11日年金
  • 年金受給額を簡単早見表でチェック!国民年金

    年金受給額を簡単早見表でチェック!国民年金

    国民年金の受給額は「加入期間(保険料納付期間)」によって決まります。複雑な計算をしなくてもわかるように、「老齢基礎年金」の受給額がいくらぐらいになるか受給額の早見表を作ってみました。日本国内に住所を有する20歳~60歳の人は、全て国民年金に加入しており、計算式は77万9300円×加入期間(月数)(保険料納付期間)/480 (平成29年度価格)となっています。

    掲載日:2018年01月01日年金