和田 雅彦

年金 ガイド 和田 雅彦

わだ まさひこ

年金の専門家である社会保険労務士資格を取得し独立開業。個別相談他、年金問題についての執筆、講演も多数。

ガイド記事一覧

  • パートタイマーの厚生年金加入はお得?

    パートタイマーの厚生年金加入はお得?

    パートタイマーも条件によっては厚生年金などの社会保険に加入できます。法律上、正社員の約4分の3以上働いていれば「強制的」に加入することになるのです。社会保険料を払うのと扶養の範囲内で働き続けるのとでは、どちらが得でしょうか?

    掲載日:2017年10月11日年金
  • おひとりさまの年金額はいくら?

    おひとりさまの年金額はいくら?

    おひとりさまと言われる方が増え続けています。一人で悠々自適な生活ができるとはいえ、リタイア後については自分一人の年金でやりくりしなければなりません。おひとりさまが受け取れる年金額はどれくらいで、おひとりさまが年金を増やす手段はどんなものがあるかを解説します。

    掲載日:2017年10月06日年金
  • 国民年金保険料っていくら払うの?

    国民年金保険料っていくら払うの?

    国民年金保険料は法律上、毎年アップすることになっています。平成29年度は月1万6490円。なお、国民年金保険料には免除制度やお得な支払い方法もあります。

    掲載日:2017年10月02日年金
  • 厚生年金保険料の計算に使う標準報酬月額とは

    厚生年金保険料の計算に使う標準報酬月額とは

    厚生年金保険料は「標準報酬月額×保険料率」で計算されます。標準報酬月額は文字通り「月額の報酬」ですが、給料額とは一致しません。30等級に分かれており、4・5・6月の給料の平均額を該当する区分にあてはめます。なお、報酬には通勤交通費や残業代も含まれます。

    掲載日:2017年09月26日年金
  • 年金と失業保険を両方受け取る「裏ワザ」とは

    年金と失業保険を両方受け取る「裏ワザ」とは

    60歳代前半の厚生年金と失業保険は、平成10年4月から両方受け取ることができなくなりました。失業保険をもらう(求職の申し込みをする)と年金が支給停止されてしまいます。しかし、レアケースですが両方受け取れる「裏ワザ」が存在します。

    掲載日:2017年09月17日年金
  • 60歳前半の年金に多い「勘違い」を検証

    60歳前半の年金に多い「勘違い」を検証

    60歳代前半の老齢厚生年金ですが、この年金について勘違いをしている方が少なくありません。同じ老齢厚生年金でも、65歳から支給される年金とは別物なのです。

    掲載日:2017年09月16日年金
  • 60歳からの給料と年金と雇用保険の関係

    60歳からの給料と年金と雇用保険の関係

    60歳以降も働き続ける場合、それまでと比べて給料が大きくダウンすることが少なくありません。また、60歳から年金や雇用保険からの給付を受けられますが、その受取額に様々な調整が入ることになります。具体的にいくら受け取ることができるのか、具体例も交えながら解説します。

    掲載日:2017年09月15日年金
  • 会社員と公務員、年金にも差が!? 共済年金とは

    会社員と公務員、年金にも差が!? 共済年金とは

    共済年金とは公務員や私立学校の教職員が加入している年金制度。会社員が加入している厚生年金と同じ「基礎年金の上乗せ部分」を担うものです。厚生年金との違いを含め、共済制度について詳しく見てみましょう。

    掲載日:2017年09月02日年金
  • 年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

    年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

    厚生年金の受給額は「加入期間」および「平均年収」で決まります。ただ、計算方法が複雑なため、自分の年金の計算をしたいのにできない!という声も。そこで、ざっくりとした受給額の早見表を作ってみました。

    掲載日:2017年07月24日年金
  • 加給年金とは?もらえる条件と年金額

    加給年金とは?もらえる条件と年金額

    厚生年金に20年(原則)加入した場合、3つの条件を満たせば「加給年金」という家族手当を受け取ることができます。加給年金の額は加入期間が19年か20年かで大違い。20年の壁はぜひ越えておきましょう。

    掲載日:2017年07月20日年金