和田 雅彦

年金 ガイド 和田 雅彦

わだ まさひこ

年金の専門家である社会保険労務士資格を取得し独立開業。個別相談他、年金問題についての執筆、講演も多数。

ガイド記事一覧

  • 年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

    年金受給額を簡単早見表でチェック!厚生年金

    厚生年金の受給額はいくらでしょう?「加入期間」および「平均年収」で決まります。ただ、計算方法が複雑なため、自分の年金の計算をしたいのにできない!という声も。そこで、ざっくりとした受給額の早見表を作ってみました。

    掲載日:2018年01月15日年金
  • 年金受給者も確定申告が必要?

    年金受給者も確定申告が必要?

    年金受給者は、公的年金の額が年400万円以下、かつ年金以外の所得金額が年20万円以下なら、確定申告は不要です。ただし、医療費控除や生命保険料控除などで税金の還付を受けるには、確定申告が必要です。

    掲載日:2018年01月15日年金
  • 年金受給額を簡単早見表でチェック!共済年金

    年金受給額を簡単早見表でチェック!共済年金

    公務員や私立学校の教職員が加入する共済年金。2015年10月に厚生年金に統合され廃止されました。ただ、2015年9月までに共済年金を受け取っている場合は引き続き支給され、官民格差の象徴でもあった「職域加算」についても、統合前の期間分については引き続き支給されます。

    掲載日:2018年01月11日年金
  • 給料1円差で、厚生年金保険料に大きな差!?

    給料1円差で、厚生年金保険料に大きな差!?

    毎月なんとなく給料から天引きされている厚生年金の保険料。その計算方法には年金ならではの少し特殊な事情があります。同じ年収でも月給制と年俸制で保険料に差が出たり、給料がたった1円違うだけでも大きな差が出たりするのです。その理由は?

    掲載日:2017年12月27日年金
  • 遺族年金の受給資格要件を確認

    遺族年金の受給資格要件を確認

    遺族年金は死亡した大黒柱自身はもちろん、受け取る側の遺族も要件を満たす必要があります。大黒柱には「保険料納付要件」が、遺族には「生計維持要件」や「年齢要件」があるのです。また、老齢年金は一生涯受け取れますが、遺族年金には打ち切りになる場合があり、注意が必要です。

    掲載日:2017年11月28日年金
  • 遺族年金の種類とは?対象となる遺族と内容

    遺族年金の種類とは?対象となる遺族と内容

    家計の大黒柱に万が一のことがあったときに受け取れるのが遺族年金ですが、結構たくさんの種類があります。対象となる遺族と制度の中身を簡単に確認してみたいと思います。

    掲載日:2017年11月27日年金
  • 加給年金とは?もらえる条件と年金額

    加給年金とは?もらえる条件と年金額

    厚生年金に20年(原則)加入した場合、3つの条件を満たせば「加給年金」という家族手当を受け取ることができます。加給年金の額は加入期間が19年か20年かで大違い。20年の壁はぜひ越えておきましょう。(2017年最新の内容です)

    掲載日:2017年11月06日年金
  • 年末調整で国民年金の控除書類を忘れずに!

    年末調整で国民年金の控除書類を忘れずに!

    年末調整の時期を迎えました。生命保険料控除証明書のハガキ等が届いているかと思いますが、案外忘れがちなのが「国民年金保険料控除証明ハガキ」です。会社員でも国民年金保険料の控除が可能なのです。

    掲載日:2017年11月01日年末調整
  • パートタイマーの厚生年金加入はお得?

    パートタイマーの厚生年金加入はお得?

    パートタイマーも条件によっては厚生年金などの社会保険に加入できます。法律上、正社員の約4分の3以上働いていれば「強制的」に加入することになるのです。社会保険料を払うのと扶養の範囲内で働き続けるのとでは、どちらが得でしょうか?

    掲載日:2017年10月11日年金
  • おひとりさまの年金額はいくら?

    おひとりさまの年金額はいくら?

    おひとりさまと言われる方が増え続けています。一人で悠々自適な生活ができるとはいえ、リタイア後については自分一人の年金でやりくりしなければなりません。おひとりさまが受け取れる年金額はどれくらいで、おひとりさまが年金を増やす手段はどんなものがあるかを解説します。

    掲載日:2017年10月06日年金