老後の生活に不安8割

老後の生活について、「非常に心配である(42.4%)」「多少心配である(41.8%)」と8割以上の人が老後に不安を持っています。不安の理由のトップ3は、
・十分な貯蓄がないから 75.6%(74.4%)
・年金や保険が十分でないから  71.7%(同じ)  
・現在の生活にゆとりがなく、将来に備えて準備していないから 43.3%(41.7%)
*(  )は2008年

で、2008年とほぼ同じです。2008年に急上昇した「物価上昇等により費用が増えていくとみているから」は45.8%から24.9%にダウン。2008年の石油価格の急上昇が元に戻ったことの現われのようです。僅かながら上昇しているのが、
・現在の生活にゆとりがなく、将来に備えて準備していないから 43.3%(41.7%)
・退職一時金が十分でないから  27.8%(26.9%)
・再就職などにより収入の見込みがないから  15.7%(13.7%)
・子どもなどからの援助が期待できないから  18.9%(18.1%)
*(  )は2008年

です。日本経済の現状によりこのような不安が増幅し、今後も増えていくのではないかと懸念されます。

老後の生活費の収入源は年金8割

収入源として3つあげてもらったところ
・年金  80.0%
・貯蓄の取り崩し  44.1%
・就業による収入  39.7%
・企業年金、個人年金、保険金 35.0%
と、年金に対する不安を抱えながらも、年金が老後の収入の柱になると考えています。

老後の生活費を年金で賄うのは難しい? みんなの考えは次のページで