45,300サイトもある住宅ローンシミュレーション!?ずばり、ここを使え!

45,300サイトもある!?
プロが教える役たち『住宅ローンシミュレーション』
いや~でてきましたね。検索で住宅ローンシミュレーションを探してみたら、なんと45,300件ものサイトがヒット!なかには、キャッシングやカードローンのシミュレーションも紛れ込んで、ちんぷんかんぷんですわ(苦笑)。恐らく皆さんも私と同じ経験をしていると思います。そこで住宅ローンシミュレーションの役たちサイトを一挙公開しましょう。(実は私もよく使っているサイトですよ。)

3000万円を35年で借りたら毎月返済額はいくら?

●●●万円借りると、毎月/ボーナス時の返済が◎◎◎◎になる。という簡単な数字を計算したいという方はE-LOANの住宅ローンシミュレーションがおすすめ。
「住宅ローンシミュレーション(返済額)」

本当に毎月8万円で4,000万円の物件が買えるの?

よく不動産会社の広告で見る「駅から徒歩3分!ファミリータイプが毎月8万円から!」などを確かめるには、こちらもE-LOANを使いましょう。とにかく単純で便利です。
「住宅ローンシミュレーション(借入可能額)」
【注意】金利を入力する欄がありますが、現在(2006年8月)であれば3%を使いましょう。

フラット35と銀行ローンはどっちがお得なの?

最近よくある悩みのひとつです。どちらがお得か知りたい方は、このシミュレーションを使うべし!
「ニコニコ住宅購入応援サイト(ローン比較)」

600万円の年収でいくらまで借りるのが妥当なの!?

この質問に答えられるシミュレーションが実は存在するです!三井住友銀行でわかりやすいシミュレーションがあります。悩んでいる方は一度使ってみるとよいでしょう。
「借入計画シミュレーション(三井住友銀行)」

よいシミュレーションの見分け方
住宅金融公庫のシミュレーション、ISIZEの借得講座、その他住まいローンのシミュレーションなど、いくつか懲り過ぎなシミュレーションもあるが、基本的に入力が簡単で、結果のわかりやすいシミュレーションは優れているものに共通しています。入力項目が多すぎると嫌になってしまうのは私も同じです(笑)

【シリーズ】住宅ローン初級編
第1弾:「住宅ローン見積りの取り方」
第2弾:「無駄のない住宅ローン情報収集術」
第3弾:「比較サイトに気をつけろ!」
第4弾:「住宅ローン裏情報はここに!」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。