次第に返済額が減る元金均等返済

将来の返済額を減らすための方法として、多くの住宅ローンで利用できるのが、元金均等返済です。

【関連記事】
「元金均等返済」は本当にお得?

元金均等返済は、初回の返済額が一番多く、1回ごとに返済額が減っていきます。総返済額が少なくなるメリットがありますが、当初の返済額が大きいことに注意が必要です。また、将来の返済額を減らしたいという目的の場合には、減らしたい時期までに、どのくらい減るのかを確認しておきましょう。目に見えて返済額が少なくなるまでには、意外と時間がかかります。

繰上返済を利用するなら返済額軽減型で

将来の返済額を減らすには繰上返済を利用することも有効です。ただし、このような目的で行う繰上返済の場合には、返済額軽減型で行いましょう。この場合には、毎月数万円でも繰上返済ができ、手数料がかからない、ネットで気軽に手続きできる、というような繰上返済の利便性もローン選びの際に重要となります。

振り回されない住宅ローンの返済とは、自分のペースで返済ができることです。将来の返済に不安がある場合には、余裕のあるうちに多く返すことによって、将来の返済額を減らしておけば安心です。各金融機関のサービスを上手に使って、返済をコントロールしていきましょう。


【住宅ローン完全マニュアル】
住宅ローン完全マニュアル【基礎編】

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。