一般事務で働く・転職する/一般事務の仕事

年末調整 生命保険料控除の書き方と注意点

年末調整の季節がやってきました!ほとんどの方は税金が戻ってくるハズの大切な手続きです。【生命保険料控除】について、事務担当者として毎年よく聞かれる質問にお答えいたします。

執筆者:平井 実穂子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末調整の季節がやってきました!
これは自分の懐に響く大切な書類…会社の事務担当者から、書き方の説明等も併せて配布してあるとは思うのですが、
結構間違い多いんですよね…。
もちろん事務担当者もチェックしているハズですが、チェック漏れって事もあります。自分のお金の事ですし、カンペキに記入して提出していただければ、こんなに嬉しい事はありません。

なので今回は、毎年聞かれる事の多い生命保険料控除について解説いたします!

生命保険料控除ってそもそも何?

めっちゃカンタンに言うと、今年払った生命保険の額に応じて、所得税が安くなる!という事。詳しくは後でご説明いたしますが、生命保険料を払っている方には、そろそろお手元に「生命保険料控除証明書」が届いているはず。
これは会社に提出する物です。大切に持っておいて下さい。

証明書を見ると、数字がふたつ書いてあるんです…どっちを書くの?

口座振替等で、保険料を月払いしている場合、証明書には、証明書発行時までに支払われた額を「証明額」として記載し、12月までの額を、同じ額を払い続けるであろう事を前提に、「ご参考」という表現で、記載している事が多いです。
じゃ「証明額」と「参考額」どっちを書くのが正しいの?
この場合、正しいのは「参考額」です。

所得税は、毎年12月31日時点の状況で確定します。
…とはいえ12月31日当日計算するわけにもいきませんので、あらかじめ見越して申請する事になるのです。
解約や金額変更の予定が無いのなら、「参考額」の金額が、12月31日時点の支払い額となるはず。なので「参考額」が正しいのです。
また、月払いの場合、月額のみ書いてある証明書もあります。その時は12倍した額を書いて下さい。
もちろん証明書発行後、解約、金額変更する予定が無い!というのが前提ですよ。
保険会社によって、この証明書の書式はかなり違いますので、隅々まで良く読んでから記入して下さいね。

次ページは、「控除証明書が書ききれない!」です。

更新日:2006年11月25日

(公開日:2002年11月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    16

    この記事を共有する